個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

堀越耕平さんの『僕のヒーローアカデミア』第11巻を読みました。

僕のヒーローアカデミア 11 (ジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle版] 堀越耕平 集英社 2016-11-04   堀越耕平さんの『僕のヒーローアカデミア』第11巻を読みました。この巻はストーリーの中でも一つの山場、活動限界が近いと言われていた『平和の象徴』オールマイトが、ついにその力を使い果たし、主人公・緑谷出久にそのバトンを渡す、その場面を描いたものになりました。死柄木弔率いる敵(ヴィラン)連合が...

『日出処の天子』:推古朝の華やかさ、目に見えない部分の広さ、作家の業の深さ

日出処の天子 全7巻完結(文庫版)(白泉社文庫) [マーケットプレイス コミックセット] [コミック]山岸 凉子白泉社山岸凉子『日出処の天子』(白泉社文庫)全7巻読了。7巻189ページ以降は続編とも言うべき「馬屋古女王」。「日出処の天子」は、厩戸王子が遣隋使の派遣の際の国書を起草している場面で終わる。「馬屋古女王」はその厩戸王子、すなわち聖徳太子が薨去されたときから始まり、そのもがりの宮でのエピソード、上宮王家すな...

山岸凉子『日出処の天子』:いきなり最初のページから「このマンガは絶対面白い」と確信させられた。

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫) [文庫] 山岸 凉子白泉社1994-03しばらく、以前に書いたマンガの感想をこちらのブログにも載せていきたいと思います。まず、4回に分けて山岸凉子さんの『日出処の天子』の感想を書きます。元のブログはこちら の方になりますので、よろしければそちらもどうぞ。***いきなり最初のページから「このマンガは絶対面白い」と確信させられた。第1巻の、12ページの刀自古郎女の登場。古代史にいきなり...

自分の中の深いところにいるナニカと「HUNTER×HUNTER」のアルカ

自分の中の深いところに降りて行って自分の深いところで感じていることを観察することは、いつでも出来るわけではない。ただこの間、自分の中の「es」とでも言えるようなものに出会った感じがあって、それを観察していたのだが、それを観察するということは、つまりは自我の「鎧」を少しこじ開けて中を見ているということで、静かな落ち着いた環境の中でなければ傷つきやすく脆い「es」は保護できない。自分の中に降りて行くという...

原泰久さんの「キングダム」第43巻王騎フィギュア同梱版を買いました。

原泰久さん『キングダム』43巻王騎フィギュア同梱版を買いました。キングダム(43) 王騎フィギュア付 同梱版: ヤングジャンプコミックス [コミック]原 泰久集英社2016-07-16原泰久さんの「キングダム」。10年以上の連載の末、ついに秦王・政は政敵・呂不韋を倒し、秦の実権を握り、天下統一に乗り出して行くことになります。今回はその超大篇の企画として、すでに作中では死亡していますが人気の高い将軍・王騎のフィギュアを同梱す...

Menu

プロフィール

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR