個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

コミックリュウ11月号でふみふみこさんの『ぼくらのへんたい』第28話「めがね」を読みました!

ぼくらのへんたい 6 (リュウコミックス)(2014/08/12)ふみふみこ商品詳細を見るコミックリュウ11月号でふみふみこさんの『ぼくらのへんたい』第28話「めがね」を読みました!前回のラストで引きこもっている「渋谷先輩」のところへ行った女装したままのパロウ。呼ばれて行きはしたものの、ひきこもりで風呂にも入っていない感じの先輩に近づきたいと思えない、ということをはっきりと言います。この時のパロウが着ているのは、9月...

青木幸子さんの『茶柱倶楽部』、第6巻と第45話「親は空、子は翼」を読みました!

茶柱倶楽部 6 (芳文社コミックス)(2014/09/16)青木 幸子商品詳細を見る週刊漫画Timesで青木幸子さんの『茶柱倶楽部』第45話「親は空、子は翼」を読みました!先日単行本6巻が出た『茶柱倶楽部』。第6巻は、主人公の伊井田鈴(いいだ・すず)が移動式茶屋を始めるきっかけになった佐賀・嬉野の佐山高子さんと、一度は生き別れになった弟と思った台湾の李さん、そして李さんと知り合うきっかけとなり、友達になった桃花と京都を旅行...

Dモーニング42号でツジトモさんの『GIANT KILLING』第347話を読みました!

GIANT KILLING(32) (モーニング KC)(2014/07/23)ツジトモ商品詳細を見るDモーニング42号でツジトモさんの『GIANT KILLING』第347話を読みました!リーグ26節対大阪ガンナーズ戦。首位を走る大阪に、1度目の対戦では勝っているETUですが、胸突き八丁の後半戦、試合も後半に入り1対1の同点です。好調だったフォワードのガブリエルがハムストリングスのトラブルで退場し世良がはいり、二人目は熊田を清川に変えてサイドバックのスピー...

さいとうちほさんの『とりかえ・ばや』第5巻を読みました!(3)美しい花の宴の場面が印象的でした!

とりかえ・ばや 5 (フラワーコミックスアルファ)(2014/09/10)さいとう ちほ商品詳細を見るさいとうちほさんの『とりかえ・ばや』第5巻を読みました!(3)第5巻は沙羅と睡蓮の二人ともが本来の、というか生物学的な性に目覚め、自分の望む性で生きてきた、その限界が見えて来る巻なわけですが、沙羅の方の物語のクライマックスが23話「花の宴」になるわけですね。そして睡蓮の物語に橋渡しをされる。この自然な展開も上手いなあ...

さいとうちほさんの『とりかえ・ばや』第5巻を読みました!(2)

とりかえ・ばや 5 (フラワーコミックスアルファ)(2014/09/10)さいとう ちほ商品詳細を見るさいとうちほさんの『とりかえ・ばや』第5巻を読みました!(2)今回は22話について書こうと思います。男として見事に職務を務めていた(本当は女性の)沙羅双樹の中納言でしたが、男色家の式部卿宮に手引きされた親友の石蕗の宰相の中将に女性であることがバレてしまい、沙羅に強い思いを持っていた石蕗に抱かれてしまい、そのときのこと...

東村アキコさんの『海月姫』第14巻を読みました!

海月姫(14) (KC KISS)(2014/09/12)東村 アキコ商品詳細を見る東村アキコさんの『海月姫』第14巻を読みました!東村アキコさんの海月(くらげ)おたくの月海(つきみ)を主人公にした『海月姫』、能年玲奈さん主演で実写映画化されることでも話題になってますね。月海は海月おたくでその海月愛を表現したドレスをデザインし、政治家の御曹司・女装の蔵之介がモデル兼プロデュースという感じで頑張っていたのですが、月海のデザイン...

少年ジャンプ42号で尾田栄一郎さんの『One Piece』、第760話「同じ賭け」を読みました!

ONE PIECE 75 (ジャンプコミックス)(2014/09/04)尾田 栄一郎商品詳細を見る少年ジャンプ42号で尾田栄一郎さんの『One Piece』、第760話「同じ賭け」を読みました!(この終末は月曜日が祝日のため、ジャンプは土曜日発売でした)前話でついに王宮の到達し、ドフラミンゴに一撃を加えたルフィ。戦局は大きく変わります。他のところで戦っていた多くの戦線が、このトップ同士の一戦に全体の戦いの帰趨を預ける形になってきたからです...

週刊漫画Timesで石井さだよしさんの『解体屋ゲン』第596話「新しい風(後編)」を読みました!

週刊漫画Timesで石井さだよしさんの『解体屋ゲン』第596話「新しい風(後編)」を読みました!建設や土木に関する知識、特に業界特有の事情などについてはいろいろと表に出て来ないことがあるわけですが、この『解体屋ゲン』の魅力の一つはそういうことが分かりやすく説明されていることだと思います。特に日本では公共工事はゼネコンが中心の、「設計・施工発注方式」、つまり「ゼネコン丸投げ」方式で行われていて、それだとゼネ...

週刊漫画Timesで才谷ウメタロウさんの『ファイヤー・ガール』第23回を読みました!

週刊漫画Timesで才谷ウメタロウさんの『ファイヤー・ガール』第23回を読みました!...

さいとうちほさんの『とりかえ・ばや』第5巻を読みました!(1)

とりかえ・ばや 5 (フラワーコミックスアルファ)(2014/09/10)さいとう ちほ商品詳細を見るさいとうちほさんの『とりかえ・ばや』第5巻を読みました!(1)平安時代の物語・「とりかへばや物語」を題材にした「とりかえ・ばや」もはや5巻になりました。男として順調に出世を続ける関白の娘・沙羅双樹の中納言と、女として女東宮に仕える息子・睡蓮の尚侍(ないしのかみ)。沙羅双樹は従兄弟の四の姫と結婚しますが、もちろん褥を...

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。