個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

おがきちかさんの「Landreaall」(ランドリオール)第158話「天使じゃない」を読みました。

コミックゼロサム8月号でおがきちかさんの「Landreaall」(ランドリオール)第158話「天使じゃない」を読みました。コミックZERO-SUM2016年8月号 [雑誌]一迅社2016-06-28 いろいろと味わい深かったです。前回も書きましたが、8月号のランドリは2本だて。1本めの157.5話「狼と兎のキャラバン」の感想は前回書きましたので、今回は2話めの158話「天使じゃない」の感想を書きたいと思います。前半の「狼と兎のキャラバン」は...

コミックゼロサム8月号でおがきちかさんの「Landreaall(ランドリオール)」第157.5話「狼と兎のキャラバン」を読みました。

コミックゼロサム8月号でおがきちかさんの「Landreaall(ランドリオール)」を読みました。今回は第157.5話「狼と兎のキャラバン」と第158話「天使じゃない」の二本立てでした!コミックZERO-SUM2016年8月号 [雑誌]一迅社2016-06-28 それぞれ分量は12ページと13ページ、158話「天使じゃない」はセンターカラーの扉絵とその裏が7月25日発売の単行本28巻の告知です。二話めがセンターカラーというのはちょっと意表を突かれまし...

アニメ「暗殺教室」24話「卒業の時間」は本当にこの作品のクライマックスを飾るにふさわしい回でした。

アニメ「暗殺教室」2期第24話「卒業の時間」を見ました。「暗殺教室」 第2期 1 (初回限定版) [Blu-ray] [Blu-ray]福山潤エイベックス・ピクチャーズ2016-03-25「暗殺教室」、ジャンプでの連載が終わったのが3月でしたが、3ヶ月遅れでアニメも終了しようとしています。来週、6月30日深夜、7月1日未明の放送が最終回ということになりました。しかし、本当の意味で乗らすと、クライマックスは24日未明放送の第24回「卒業の時間」...

柴田ヨクサル・蒼木雅彦「プリマックス」5巻を読みました。「プリマックス」、最高です。(笑)

柴田ヨクサルさん・蒼木雅彦さんの「プリマックス」5巻を読みました。プリマックス 5 (ヤングジャンプコミックス) [コミック]蒼木 雅彦集英社2016-06-17「プリマックス」、最高です。(笑)ストーリーは、幼馴染みの男子高校生3人組が女装して3人組アイドル「プリマックス」となり、歌って踊って「カワイイ」の頂点を目指す、というストーリー。設定自体突っ込みどころはいくらでもあるわけですが、これが面白い。この作品が面...

アニメ「暗殺教室」の「スター・ウォーズ」に通じる部分と、さらにその先の未来。

...

「千と千尋の神隠し」はどんなふうに生まれたか:スタジオジブリの広報誌「熱風」を読んで

スタジオジブリの広報誌、「熱風」をご存知ですか?私の周りではほとんど話題に上がって来ないのであまり知られていないのではないかと思うのですが、広報誌なので丸善やジュンク堂、紀伊国屋書店など、ジブリ関連書が常設されている大型書店で無料で手に入れることが出来ます。ただ、広報誌の中ではかなり人気があるようで、棚に置かれると日を置かずしてなくなることが多いのですね。私も最初は棚を狙っていたのだが、2012年の初...

平安時代がらみの三作品を読みました。「六国史」「源君物語」「阿・吽」

昨日読み終えた遠藤慶太「六国史」(中公新書)は大変読み応えがありました。六国史というのは勅撰の歴史書で、古代日本国家の成立と発展において、その時代が記されたということだけではなく、歴史書が編まれたということ自体の意味があるわけです。そこにはすでに歴史を記述するという意図と歴史から学ぶという営み、自らを知るために歴史書を読むという営み、そして何が本当で何が本当でないかをそこから読み取って行く営みなど...

眉月じゅんさんの「恋は雨上がりのように」5巻を読みました。

眉月じゅんさんの「恋は雨上がりのように」5巻を読みました。恋は雨上がりのように 5 (ビッグコミックス)眉月じゅん小学館中年のさえない男に恋をする女子高生、というお話なのですが、それをあまりセリフを使わず、主人公の心情が表現されているところがすごい、と言う作品だと思っていました。4巻までは月刊スピリッツの連載だったのですが、この5巻からは週刊スピリッツに移籍しての連載になっています。その環境の変化が、こ...

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR