個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志水アキさんの『ニート女と小学2年生』をよみました。

ニート女と小学2年生 (MFコミックス フラッパーシリーズ)/メディアファクトリー
¥620
Amazon.co.jp



2011年のことになりますが、志水アキさんの『ニート女と小学2年生』を読みました。



ツイッターをみていたら、作者ご本人がこの作品についてちょっと否定的な見解を書いていたのでへえっと思ったのですが、私は面白いと思いました。



ストーリーが、というよりも、それにマッチした絵がうまいなと思ったのです。ニート女のだらしない体型とかも、主人公になりえるくらいの微妙なかわいさとの加減が上手いなと思いました。



怪奇ものとか戦国ものとかが得意で、ご自分の好みは髭親父がツボ、ということですので、こういう現代的な作品にはしっくりこないものがあったのではないかなと思います。



でも、こういう作品を得意にしている人にはない人間の見え方がある感じがして、興味深かったです。



こういう作品は、ストーリーでも絵でもなく、ほんとになにげないものの見方の、ちょっとした人との違いみたいなものによって、ぐっと作品が面白くなるんですね。でもそういうものを見つけるには、自分で読んでみるしかないんですね。



そういうところは小説にもあるんですが、漫画の方が私の場合は読み取りやすくて、面白く感じることが多いのです。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。