個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ『進撃の巨人』BD最終9巻が届きました!『Attack 音 体感』BDもよかったです!

進撃の巨人 9 [初回特典:特典DISC「進撃の巨人」Reading&Live Event「Attack 音 体感」] [Blu-ray]
荒木哲郎監督作品
ポニーキャニオン


アニメ『進撃の巨人』BD最終9巻が届きました!

昨日、アニメ『進撃の巨人』BD9巻が届きました!収録されているのは23話から23話。1期放送分はここまでです。(2期がまだアナウンスされているわけではありませんが・笑)

最大の特典は、昨年9月に横浜アリーナで行われたライブイベント『Attack 音 体感』が収録されたBDが付属していることです。収録時間は130分。(笑)アニメ本体は3話で75分ほどな訳ですから、遥かに長い。私はテレビアニメのBDを全巻買うというのは初めての体験なのでよく知らないのですが、そういうものなのでしょうか。

その他の特典は、この『Attack 音 体感』のパンフレット縮小版、エンディングのイラストカードが3枚。作画監督の浅野恭二さん、アニメ最終回放映時に話題になった原作者の諫山創さんのカードが含まれています。

ブックレットは監督・荒木哲郎さんのインタビューが4ページと、12ページに渡る放送回ごとの荒木監督のコメント。この回はこんな風に考えて監督が作っていたんだ、ということがわかります。

それからアニ役の島村侑さんのインタビューが2ページ。今回も盛りだくさんです。

時間がなくて、まだ全部は観たり読んだりチェックしていないのですが、昨夜は本編の23話と、『Attack 音 体感』の冒頭だけを見ました。

23話、アニ回ですよね!ラストの、アニが追いつめられての、あの衝撃的な笑いの場面まで、緊張感を盛り上げて行くあの展開は、実際に放送を見たときもわくわくしましたが、昨日も見ていて少し涙ぐんでしまいました。原作が55話まで来た今となっては、遥か昔のことのような感じがしますが、あのアニの笑いは、当時ネット上ですごく意見が割れたことを思い出します。そして作者の諫山さんがブログで、自身のリクエストでああなったということを明らかにして、急速にその炎上傾向も収束したということを。

去年は本当に見る側も作る側も、臨戦態勢という感じだったなあと思います。2ちゃんねるでも今はのんびりしていますが、当時のスレッドのスピードは異常でしたね。

それから、『Attack 音 体感』ですが、冒頭で壁の向こうに超大型巨人が現れ、その前で小林未郁さんでしょうか、歌手の方が「at’aek ON taitn」を歌うのですが、これがもう最高にかっこいい。生音のフルオーケストラで、横浜アリーナに響き渡る声。もうこれだけでもこのイベントに参加したかったなあと改めて思いました。

小林さんもそうですが、そのあとに出てきたミカサ役の石川由依さん、アルミン役の井上麻里奈さんの衣装もすごくよかった。スチームパンクというのでしょうか、(違っていたらごめんなさい)レトロな雰囲気がこのステージの世界観にあっていて、見ていて感動しました。私は衣装で感動するということはあまりないのですが、このステージはいいなあと思いました。

まだ見ていない読んでいない部分が多いのですが、早めに続きを書きたいと思います!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。