個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふみふみこ『ぼくらのへんたい』第23話は、イケナイ感じにドキドキさせられました!(笑)

ぼくらのへんたい 5 (リュウコミックス)ぼくらのへんたい 5 (リュウコミックス)
(2014/02/13)
ふみふみこ

商品詳細を見る




ふみふみこさんの『ぼくらのへんたい』第23話が『コミックリュウ』5月号に掲載されました。

今回の『ぼくらのへんたい』は、まりかの決意、亮介の我慢、そしてパロウとあかねちゃんのデート!

なんだか書いているだけでドキドキします。(笑)以下はネタバレです、ご注意ください。

冒頭のまりかのエピソードは3ページ。これは先週のともちの家でのエピソードを受けたものですね。それからパロウ(修)と会うようになったあかね。これは塾(予備校?)の帰りに待ち合わせて、というなんと言うかある意味当たり前の設定が、この物語だとなんだかドキドキするのはなぜなんだろうと思います。

修はあかねの「暗さ」のないところに魅かれ、癒されているのですが、しかしあかねに「女装しないの?」と聞かれて修の中のパロウが目覚めたと言うか、嗜虐心が刺激されてしまいます。

一方、はっちと行き違いになった亮介は、自分が悲しさや苦しさに囚われていることを自覚してしまいますが、しかし自分はそうなるわけにはいかない、と言い聞かせます。

パロウはあかねを「デート」に誘い、「女同士」で洋服を買ってあげたり、ケーキを食べさせてあげたりします。そういうことになれていないあかねは「なんかわかんないけど、一緒にいるとすごくドキドキする」と言います。と言うパロウの嗜虐心を満たしそうな展開になってあかねちゃん危機一髪!という感じになって来ました。

いや実際、書いていてちょっとドキドキするのですが、本当にそういうことに無自覚な女の子を毒牙にかけたい、というイケナイところがパロウにはあるわけで、全く同じことをまりかにもやったわけですが、さてあかねはそれに対してどんな反応をするのかな、というなんだか自分もイケナイことをしている感じの気持ちになってきます。

なんと言うか、確かにパロウのような人に取って、あかねは本当に救いになる人だと思うのに、それを毒牙にかけずにはいられない、あんたはラスコーリニコフかといいたくなる感じが、なんというか自分の中の嗜虐心を刺激されているような感じが出てきてちょっと変な感じがするのかな、と思いました。

なんというのか、一つ一つのエピソードに、なんか「ずらし」がある。自分が今甘んじている状況から、どんな風に離れよう、ないし乗り越えようとするのか。まりかは正面突破、ユイ(亮介)は我慢。そしてパロウはまたイケナイ方向に走ろうとしています。

そういえば、東京の頭のいい男子校で、女子中学生を彼女にするのが流行ってた、というような昔聞いた話を思い出しました。

なんだかこのイケナイ世界を、これからどういう話に持って行くのか、うーん。というような感じです。

ドキドキしながら来月を待ちたいと思います!(笑)

ちなみに、スクエニから出ている『シガレットアンソロジー』という本にふみふみこさんも描かれているようです。これも明日買ってきたいと思います。

シガレットアンソロジー (ビッグガンガンコミックス)シガレットアンソロジー (ビッグガンガンコミックス)
(2014/03/10)
大暮維人、大高忍 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。