個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫田ゆかりさんの『SAKURA TABOO』は警察の闇がテーマの、とても面白そうな作品でした。

『モーニング』16号に猫田ゆかりさんの『SAKURA TABOO サクラタブー』が掲載されました。

『モーニング』16号の巻頭カラーは、これまた新連載(モーニングでは、5週連続で新連載を掲載するそうです。この作品は『子供はわかってあげない』『ランド』に続いての3作目です。)の、猫田ゆかりさん『SAKURA TABOO』でした。

この作品はちばてつや賞に入選した『黒い紋章』に出てきた桜真忍(さくらま・しのぶ)という若い警察エリート官僚を主人公にしたものです。(リンク先から『黒い紋章』は全ページ読むことが出来ます)



『黒い紋章』では、警察の隠蔽体質が問題にされて、桜真はそれを公明正大な白日の下に晒して行こうとする人物として描かれていましたが、この作品の中に「参事官」と呼ばれる人物が出てきて、その程度では警察の膿を出すことは出来ない、わたしに協力すれば警察をもっと粛正できる、というのですが、桜真は彼を信用しません。

今回連載が始まった『SAKURA TABOO』では、その続編のような形を取って、主人公に桜真が、ラスボス的な存在として「参事官」が出てきます。今回は一挙2話掲載ということで、大増56ページになっています。以下、ネタバレですのでご注意ください。


今回のストーリーでは、桜真は自分がついた上司を必ず失脚させる『失脚屋』として恐れられている、という設定になっています。そして桜真が出向先のイギリスからの帰国の日に、警察庁長官暗殺と言う重大事件が発生するのです。

警察庁長官狙撃と言えば、オウム事件が騒がれていた頃の国松長官狙撃事件が有名ですが、このときは刑事部でなく公安部が担当したために、結局犯人を取り逃がしたということが通説になっています。

ストーリーはこの一連の出来事を下敷きにして進んで行きます。

桜真は警視庁警務部教養課長の職に就きますが、迎えにきた部下の五月玲奈巡査部長の運転の車で、ある人物のところに連れて行かれます。その人物は『黒い紋章』で出てきた「参事官」、現在は警察庁主席監察官の綾目宗一朗でした。

彼は長官暗殺事件に関わるなと桜真に忠告します。桜真はそれを聞き流しますが、実はそれが綾目の罠でした。

警視庁内部では、どういう理由かはわかりませんが、長官狙撃事件の指揮を公安部が取ることになります。それを知った桜真は、幹部会議に乗り込んで論難します。

実は、このように桜真にこの件に関わらせることが、綾目の狙いだったのです。部下につけた五月は、実はキャリア警察官と不倫関係にあり、その証拠をつかんだ綾目は五月を脅して、桜真の監視役として部下につけていたのでした。

『黒い紋章』では、的確な描写力と警察の暗部を描き出すストーリーの組み立てに抜群のセンスを感じましたが、この『SAKURA TABOO』ではそれがパワーアップした感じです。桜真はお父さんが交番勤務の警察官と言う設定なのですが、今回は子供時代の記憶の中で綾目に出会っている場面が出てきます。これは、はっきりとはわかりませんが、桜真のお父さんのお葬式かなにかではないかと思います。この二人の因縁の始まりを子供時代におくことによって、その対立の根深さを象徴しているのではないかと思います。

実際のところ、綾目は目的のためには手段を選ばないタイプで、また、警察を改革するためには権力を握らなければならないと考え、着々とそれを実現しています。「監察官」というのは警察全体のお目付役ということですから、五月の不倫の情報をつかむことなど容易いことだったでしょう。

綾目は桜真を、この事件に関わるであろう警察の闇を暴くための「コマ」として使おうとしています。桜真はおそらくそういう綾目の体質や考え方を根本的に嫌っているのだろうと思うのですが、綾目は桜真を「警察改革のための同志」と呼ぶのです。この人物の持つ闇の感じが、警察を良い方向に導くのかどうか、というところなのですが、それはもちろんこれからのストーリーによってくるわけです。

非常に緻密な構成と、柔らかな物腰ながらうちに秘めた情熱を持っている主人公。ある意味王道の、しかしタブーに挑戦するようなサスペンスを感じさせる、とても楽しみな作品だと思いました。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。