個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふみふみこさんの短編、『金色の飴 星の煙』は、ふみふみこさんの世界の広がりと深さを感じさせるものでした。


シガレットアンソロジー (ビッグガンガンコミックス)シガレットアンソロジー (ビッグガンガンコミックス)
(2014/03/10)
大暮維人、大高忍 他

商品詳細を見る


ふみふみこさんの短編、『金色の飴 星の煙』を読みました!

ふみふみこさんの作品が掲載されているということで、『シガレットアンソロジー』(スクエアエニックス)を買いました。

ふみふみこさんの作品は「金色の飴 星の煙」というものです。

主人公の少女は小学生時代、若い叔父と秘め事を繰り返し、大人になって愛されたいと思ったのに、大人になった自分は叔父には受け入れてもらえないと知って、彼を陥れてしまいます。

そのあと、彼女はより自由になって、平気で悪女として成長していくのですが、なんかそのあたり自由闊達に描いているという感じがして、面白いなあと思いました。

これに比べると、『ぼくらのへんたい』の登場人物たちはほんとうに「よいこ」だなあと思います。秘められた欲望や願望を持ちながら、それなりに真面目に生きているわけですから。パロウはそこからはみ出して行く部分はありますが、そこには自己破壊願望のようなものが見え、ある意味正当化(理由付け)されるような気がしますが、「金色の飴」はそういう意味では全然正当化されない悪女(ファム・ファタル)誕生であって、それが面白いなと思いました。

そう考えてみると、私が大好きな『ぼくらのへんたい』がとてもいいと感じるのは、つまりは「欲望を制服に押し込めた人間」のようなものに対する萌えだと言えるのかもしれません。自由奔放な暴れ馬を枠の中に閉じ込めた時に発揮される魅力とでも言いましょうか。

ふみふみこさんが描きたいものって、本当はどこの深さにあるのか、読みながら探って行きたいなと思ったのでした。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。