個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊漫画Timesに、安堂維子里さんの『水の箱庭』番外編が掲載されました!

週刊漫画Timesの4/11号に、安堂維子里『水の箱庭』番外編が掲載されました。

今回はどこか東南アジアの国。ジャングルの奥地を流れる川のそばに、養魚場と釣り船屋をかねた施設があり、そこに放浪の日本人が幻のスネークヘッド(魚)のチャンナ・アンフィビウスを探しにやってきます。チャンナ・アンフィビウスはエメラルドグリーンに輝く体に炎の色のヒレを持っている、状態のいい個体だと100万円を超える値段がつく魚なのだそうです。

そこで働く少年ナームはその日本人のために舟を出してやり、その少年の知識ではとてもつれそうにない場所で魚をどんどん釣って行きます。その日本人は河の水を見てどの水がその魚が好きそうなのかを見ることが出来るのです。そしてついに彼はチャンナ・アンフィビウスをつり上げるのです。

話の流れから行って、この日本人は主人公・水紀のお兄さんだと思いますし、また少年の名前・ナームが水を意味すると作中で言っていることから、ナームが水と言う意味になるのはタイ語なので、おそらく舞台はタイなのだと思います。

こんな地域に淡水魚を扱うこんな組織だった施設があると言うのも驚きましたし、また洪水で決壊することによってほかの河の水が流れ込むと言うことがあったりすると言うのも面白いなと思いました。またそういうことを見抜く力があると言う設定のキャラクターもすごく面白いと思いましたし、今後の展開が楽しみになりました。

そしてちょっと検索していて見つけたのですが、この東京サンマリンという取材協力に名前が出ているお店はこちらだそうです。江戸川区の篠崎にあるんですね。

『水の箱庭』次回掲載は7月18日発売号。ちょっと間が空くのは残念ですが、巻頭カラーだそうですので、楽しみに待ちたいと思います。

下は安堂維子里さんの作品です。


Silent Blue (Feelコミックス)Silent Blue (Feelコミックス)
(2012/07/06)
安堂維子里

商品詳細を見る
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。