個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊田徹也さんの『アンダーカレント』を読みました。(2)不在をめぐる問いが繰り返し繰り返し。


アンダーカレント  アフタヌーンKCDXアンダーカレント アフタヌーンKCDX
(2005/11/22)
豊田 徹也

商品詳細を見る



その(1)からの続きです。

主人公は二人いる。夫に失踪され、経営していた銭湯を休業していた女。営業再開を決意して組合に働き手を依頼し、そこで紹介されてきた無口な男。近所のじいさんばあさんたちの噂話の場面と、営業終了後黙々と浴場を掃除する二人の場面が繰り返し現れる。

誰かと一緒にいて、特に好きな相手と一緒にいて、でも相手が何を考えているか、本当のことは分からない。相手も自分も好きだと思っている、そのことは分かっていても、それ以外のことは分からない。でも、好きだから大丈夫なんだ、と思う。思ってしまう。確かに自分も、そんなことで何度も失敗した。好きだから大丈夫、なんて神話か伝説の類なんだろう。でも信じてしまう。そんな幼稚なところが、たぶん今でも自分にある。

このマンガの登場人物たちは、たぶんもっと大人だ。現実を知っている。好きでも許せないことは許せないし、でも許せなくても好きであることに変わりはない。そして男はそれから距離を取ろうとする。一歩近づきたいと、一度も思わなかったわけではないだろう。でも。

あの人は本当は私のことをどう思っていたんだろう。失踪した夫に対する女のその問いを軸に話は進む。私はもっと幼稚なので、私の苦しみはそういうところではなかった。私をそう思っている、そのことが分かってからの苦しみの方がずっと私には生々しい。だから私のことをどう思っていたんだろう、という苦しみは私自身の苦しみではない。でも深く、心に沁み込んでくる。夫の不在、少女の不在。その二つの不在をめぐって二人の主人公が交差する。男は不在の少女の面影を女に見、女はその問いの彼方に男を見る。

その(3)に続きます。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。