個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アニメージュ』2月号では限定版12巻のOAD、『イルゼの手帳』が特集されていました。

アニメージュ 2014年 02月号 [雑誌]/徳間書店
¥880
Amazon.co.jp


『アニメージュ』2月号を買いました。


事前の情報で、最初は『進撃の巨人』の特集があるかと思っていて、しかしよく読んだらその掲載は表紙のリヴァイだけなのかと思って、以前のエントリを修正したりしたのですが、実際には単行本12巻限定版の特典OADになっていたDVDの『イルゼの手帳』の特集という形になっていて、そこにきたか!と驚きました。(笑)


この『イルゼの手帳』は、原作では第5巻の巻頭に掲載されていました。これは『別冊少年マガジン』に連載されている作品の番外編を、『週刊少年マガジン』に掲載するという企画だったためで、ストーリーとしては本篇からは独立しています。しかし、巨人の謎を解くためには重要な情報があると以前から読者の間ではささやかれていたので、アニメがオンエアされていた時もまとめサイトなどでいつ『イルゼの手帳』が取り上げられるのか、というのはずっと話題になっていました。


しかしオンエア版でもなく、単独の商品でもない作品を、老舗アニメ雑誌の『アニメージュ』で特集して来るとは思いませんでした。


DVD付き 進撃の巨人(12)限定版 (講談社コミックス)/講談社
¥2,980
Amazon.co.jp


確かに、このDVDはよくできていると思います。イルゼ・ラングナーと謎の巨人の関係は原作の時から興味深い内容ですし、イルゼの絵も声もとてもよかったです。謎の巨人も他の気持ち悪い巨人とは違うどことなしのキュートさがあって、魅力的でした。またアニメオリジナルの調査兵団内のハンジとリヴァイ、エルヴィンの関係、「その日より前の」リヴァイ班の様子などもとてもよかったです。


ですから、この作品が取り上げられたということは、意外ではあったのですが、見る人は見ているんだなあと改めて嬉しくなるものでした。


作画監督たちの対談も読みごたえがありましたし、良い特集でした!

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。