個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アダチケイジさんの『グラゼニ』72話を読みました!しっかりした取材に基づく等身大の野球選手が興味深かったです!


グラゼニ(14) (モーニングKC)グラゼニ(14) (モーニングKC)
(2014/04/23)
アダチ ケイジ

商品詳細を見る


モーニング19号でアダチケイジさんの『グラゼニ』第72話が掲載されました!

この話は、年俸を気にするプロ野球選手・凡田夏之介が主人公です。なんだか平凡な名前ですが、プロ野球選手ですから一般人とはかけ離れた肉体を持っていて、中継ぎ投手をやっています。シーズン大活躍した凡田でしたが、チーム事情から思ったより年俸が伸びず、行きがかりからポスティングで大リーグに挑戦することになり、しかも大リーグ球団の球団事情からマイナー契約しか出来ないと言うことになって、スプリングキャンプに来ている(今ココ)と言う状態になっています。

この話は等身大のプロ野球選手というか、お金を気にしたり練習したり見栄を張ったりする感じが身近に感じられるところが魅力なわけですが、ここのところまさかの大リーグ挑戦シリーズになっていて、高校の後輩の持田が通訳についてくれて、キャンプに参加しているのです。

軽めのメニューの大リーグの練習に物足りない夏之介はランニングをしたり持田を相手にピッチングをしたりしていますが、初めてブルペンに入って投げてみるとマウンドが固く、ボールが滑りやすいのが気になります。ボールをこねて首筋を触って少しだけでも慣れて行こうとしますが、夏之介は納得がいきません。

初のバッティングピッチャーは当たる選手の年俸を持田に調べてもらい、自分よりも下だと言うのを確認して上から目線で投げたために見事抑えることが出来ました。しかし最後に番外で登場したのが年俸5億のばいばりのメジャーリーガー。さてこの対決は?と言うところで終わりでした。

この話の魅力は、しっかりした取材に基づいて、普通のファン目線ではわからない等身大のプロ野球選手が描かれているところだと思います。やはり常人とは違うと思うところもあれば、プロ野球選手も人間なんだなあと感じることもあり、その辺が面白いと思います。

このままメジャー挑戦が続くのかどうかはわかりませんが、メジャーに挑戦する『平凡な選手』がどんなことを考えどんなチャレンジをして行くのかは、興味深いなと思います。

なんだかんだ言っても毎号必ず読んでいる作品なのでした。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。