個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才谷ウメタロウさん『ファイヤー・ガール』第1巻を読みました!消防士のスゴさを感じられる作品です!


ファイヤー・ガール 1 (芳文社コミックス)ファイヤー・ガール 1 (芳文社コミックス)
(2014/04/16)
才谷 ウメタロウ

商品詳細を見る


才谷ウメタロウさんの『ファイヤー・ガール』第1巻を読みました!

『ファイヤー・ガール』は週刊漫画Times連載の、消防学校に通う消防士の卵たちを描いた作品。私は高校女子バドミントン部の青春を描いた『ガズリング!』のときから、才谷さんの作品を週刊漫画Timesで読んでいます。才谷さんは大人系のかわいい女の子のマンガを描いて来られた方なので、スポーツ系や消防などのマンガを描くことはスゴくチャレンジングなことだっただろうと思います。

連載のときから消防士というのはスゴいんだなあと思いながら読んでいたのですが、単行本になってみると消防学校(高卒以上の人が受験資格があるようです)は毎回毎回ものすごい訓練。このハードな訓練を、特に4人だけの女子がこなして行く有様は、まさに過酷という感じがします。

身体能力、技術を磨いて行くのはもちろん、消防士としての心構え(道具を大切にする)、救急救命士としての心構え(傷病者に常に敬意を払うこと)、連帯責任、チームワーク(結束力、力を合わせること)の重要性を叩き込まれて行きます。そうですね、消防士の現場というのは常に死と隣り合わせ。その中で消防士自身も誰も死ぬことなく、最大限の命を救いに行くのが消防士の仕事ですから、個人の力を越えて仲間で力を合わせて困難を乗り切って行かないといけない、ということが読んでいてとても伝わってきます。

特に、女性という条件でこの仕事につくことは、体力的にもハンデがあるわけですが、現場ではそう言ういいわけは出来ない。着衣が乱れている(というかズボンから上着の裾が出ている)だけで全員グランド10周、ということになってしまうわけです。

主人公の岩倉ユキはレスキュー隊に憧れる普通の女の子で、体力的にもとりわけ人より優れているわけではない。気持ちの上でもおっちょこちょいなところがあったり甘いところもあったりして、また上手くやろうとして焦って失敗したりすることも多いわけです。生徒たちは年長の人もいるし、また体力に優れた人もいて、男子も女子もそれぞれの個性を持った人たちで、対立したり競争したりまた協力したりしながら、消防士として成長して行く過程が描かれているわけです。

印象に残る場面としては、高校時代のユキがレスキュー隊員の叔父が道具を手入れしているときに手伝おうとしたら怒られた場面で、「いいかいユキ。死なない努力をすることが俺たちの仕事なんだ。この道具たちは俺の命を守ってくれる。だから決して他人には預けられない。自分自身で面倒みなきゃいけないんだよ」というところでした。助け合う、と言ってもまずは自分でやるべきことを徹底しなければいけない。その部分は人に預けられないと言うことなんですね。そうやって自分を律して行って初めて過酷な現場で活躍できる。生易しいものではない、ということがよく伝わってきました。

あとは例えば、救急救命訓練の場面で、消防士たちが人工呼吸を正座したまま続けているのがスゴいと思いました。それは傷病者に敬意を失わないと言うことを形で表すと言うことなのだそうですが、確かに形から入ることでそう言う精神が叩き込まれるということはあるのかもしれないと思いました。

こういう作品は、体力自慢の人が描いたら「スゴいだろ?過酷な訓練だろ?」みたいな感じが出てくるんじゃないかという気がしますが、作者さん自身が、「この訓練スゴいなあ。自分がやったら無理だろうなあ」と感じながら、消防士さんたちに敬意を感じながら描いている感じがして、そこがスゴくいいなあと思います。

あと、ユキは「ガズリング!」の坂本つばさに似てて、でも明るく根性があるだけじゃなくていろいろな感情があるのがいいなあと思います。表紙や帯に描かれた「ちみキャラ」的なユキのカットが制服、ホースを持っているところ、消防車にまたがっているところと三つあるのも、なんだかポイントが高いなと思います。

消防士のスゴさを、より身近に感じさせてくれる作品だと思います!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。