個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『One Piece』と、日本のマンガの可能性

『個人的な感想です』略して「こじかん」です。

既に何度か書いていますが、少しずつ尾田栄一郎さんの『One Piece』を読んでいます。

やはりヒット作品にはヒット作品なりの魅力はあるなあと思いますし、またこの作品をめぐってすごく大きなものが(特に商業的にですが)動いているんだなあと実感しています。

私は『少年ジャンプ』を読まなくなてもうずいぶん経つのですが、発行部数第1位を独走し続ける『少年ジャンプ』というものは、ほかの雑誌に取っては大きな立ちはだかる壁のように見える存在なのではないかと思いますけれども、逆にいえば日本のマンガの屋台骨を支えてきた存在であるわけですよね。

ですからそう言う存在についても、マンガについて語って行くためには、やはり見て行かないといけないなと思うようになってきました。

日本のマンガは幅広くて、深くて、可能性はまだまだ多様だと思います。絵の多い人も増えていますし、物語を作れる人も増えている。アニメの方の技術も発達していますし、電子書籍化をきっかけに、さらに読者が増える可能性もあるように思います。

私は、どちらかと言うとその時代の主流の作品ではなく、少し毛色の変わった作品に魅かれる傾向があって、売れてくると読まなくなる、というところが昔からあるのですが、なんというかそれは日本という国の中でのドメスティックな位置づけに過ぎなくて、もっと大きな視点からとらえて行く必要があるんじゃないかなと思ったりもしています。

そこに世の中を知るための急所と言うか、ポイントがあるんじゃないかなと。

まあそんな理屈っぽいことを言わなくても『One Piece』は十分楽しめるのですが、もし私と同様に「売れているから」という理由でその作品を敬遠している人がいるとしたならば、例えばそういう視点を持つことによって楽しむことが出来るかもしれない、と思うのです。

そんなことを考えてみました。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。