個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弐瓶勉さんの『シドニアの騎士』第2巻を読みました!

シドニアの騎士 2 (アフタヌーンKC)シドニアの騎士 2 (アフタヌーンKC)
(2010/02/23)
弐瓶 勉

商品詳細を見る


色々なマンガ作品がありますが、マンガを好きな人にとっては、その作品に出会って幸福だった、と思う作品があると思います。それは単純に作品として凄いとか、あるいはその作品を読むと人生の指針や活力が生まれる、という作品ではなく、また違うものだと思います。

作品として本当に凄いと思ったものの、まともに読めるようになるまで半年以上かかった『進撃の巨人』や、読めば読むほど引き込まれ、人の生き方というものを考えさせられる『One Piece』ではなく、『シドニアの騎士』が読んでいると幸福な気持ちになってくるのは、なぜだろうなと思います。

『進撃の巨人』の作者の諫山創さんが『シドニアの騎士』を推薦していて、その中に「ラブコメ的要素がある」と言っていましたが、読んでいるとラブコメ的なところは確かにけっこうたくさんあるのですけれども、それをけっこう踏み越えているところもまたあるような気がします。

『シドニアの騎士』第2巻は、前半が訓練生時代、一巻から引き続いての奇居子(ガウナ)との戦いです。赤井・緑川たち四天王の戦死後、訓練生の岐神(くなと)・仄焔(ほのか・えん)星白・主人公の谷風長道の4人がカビザシ(唯一ガウナ本体を倒せる武器)回収任務を負って出撃し、襲ってきた奇居子に対し長道が立ち向かって奇居子を倒し、命令に逆らって漂流した星白を回収に行って自分も帰還不能になってしまいます。

漂流する長道の衛人(もりと・ガウナと戦闘する人型ロボット)継衛(つぐもり)の中でなんとか生存を図る二人ですが、長道が眠っている間に、星白は光合成をはかります。この時代の人類は、地下に隠れていた長道らをのぞき、みな光合成で栄養を補給するようになっていて、食事は週に一度で済むようになっていたのです。ただ、光合成するためには全裸にならなければならないので、長道の前で脱げない星白は長道が寝ている間に光合成しようとしていたのでした。

星白は長道にガウナとガウナの乗る衆合船(しゅがふせん)の歴史について話します。しかし光合成のできない長道は脱水症状を起こして死にかけますが、星白は「自分由来の水」を飲ませて乗り切ろうとします。そして二人が船外に出て衛人の潤滑剤から水を供給しようとして頭がごっつんこ。「谷風君…」「ほっほっ星白」とラブコメ展開になった時、巨大な光の輪が現れます。それは、彼らを救いに来た256機の衛人が掌位を組み、一斉に逆噴射した光だったのです。

この場面が、この第2巻で一番印象に残ったところでした。素晴らしいです。アニメでどう表現されるか、楽しみです。

この巻の後半では、谷風たち4人が正式の操縦士に任命されます。そして束の間の休暇。そんな谷風長道を、最初から接近していた中性の科戸瀬イザナと、戦死した緑川の妹・緑川纈(ゆはた)が接近を図ります。お互いにライバル視するイザナとゆはたでしたが、結局長道と長道に救出された星白が接近していくという展開になり、まあこのあたりのバタバタはラブコメの王道でした。

しかし海中浮遊層での思わぬデート中、出撃命令が下ります。出撃の際、星白は長道に頬を染めて敬礼するのですが、これが長道が最後に見た生きた星白の姿でした。

突然現れた連結型奇居子に対し、出撃した谷風たち岐神班は尾の切断を命じられ、爆薬を仕掛けた4人は一斉に爆破することになりますが、特別扱いされる谷風を陥れようとした岐神の誤った命令により切断に失敗し、谷風は奇居子に吸収されかけますが、そこに決死の思いで救出に着た星白に救われ、星白自身が奇居子に吸収されてしまったのでした。

奇居子との戦闘自体は岐神らの活躍もあり勝利したのですが、谷風は命令違反の汚名を着て、星白を死なせた責任を負わされてしまいます。落ち込む長道でしたが、また現れた奇居子に対し長道に再び出撃命令が出て、長道は思うのでした。「また乗れる!継衛に!」と。

この話は結構命令違反のオンパレードで、実際にこんなことになったらあっという間にシドニアは壊滅してしまうと思うのですが、それぞれの命令違反の仕方がそれぞれに個性があって面白いです。

また何というか、一つ一つの設定がとても魅力的で、興奮します。なんというか、SFものでこういう意味でこんなに面白いと思ったのは久しぶりではないかと思います。

幸福感を覚える作品でした!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。