個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾田栄一郎さんの『One Piece』第12巻(前半)を読みました!ついにグランドラインに入りました!


One piece (巻12) (ジャンプ・コミックス)One piece (巻12) (ジャンプ・コミックス)
(2000/02)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る


尾田栄一郎さんの『One Piece』第12巻(前半)を読みました!

「東の海編」も大詰め。ちょうど第100話から始まります。

雷、つまり自然の力で窮地を脱し、船へと向かうルフィたち。海賊バギーとアルビダたちが追いかけてきますが、「モクモクの実」を食べたスモーカー大佐により一網打尽にされてしまいます。

ルフィたちに追いついたのはゾロの旧友・くいなにそっくりのたしぎ曹長。ゾロに勝負を挑みますが一蹴され、「私が女だから斬らないんですか!」とたしぎはいいます。その言い方があまりにくいなにそっくりだったのでゾロもかちんと来て「お前の存在が気に食わねえ!」と言いがかりのようなことを言い出し、ほとんど痴話ゲンカ状態に。

一方スモーカーはビローアバイクでルフィたちに追いつき、モクモクの実の能力でルフィをとらえますが、そこにあらわれた謎の男・ドラゴンが突風を起こし、ルフィたちは窮地を脱します。「なぜあの男に手を貸す」と言われ、ドラゴンは「男の船出を邪魔する理由がどこにある」というのでした。

辛くも出航に成功したルフィたち。しかしスモーカーとたしぎも、バギーとアルビダも、ルフィたちを追ってグランドラインに入ると宣言します。ルフィたちは嵐の甲板で偉大なる海を見つける進水式を行います。サンジはオールブルーを見つけるため、ルフィは海賊王になるため、ゾロは大剣豪になるため、ナミは世界地図を描くため、ウソップは勇敢な海の男になるために五人は樽を蹴り、グランドラインへの船出を祝うのでした。

「スターターブック 1巻」によるとここまでが「東の海編」ということです。100話完結で切りもいいですね。

そして101話からはグランドラインに入ります。グランドラインの入り口はなんと、山でした。リバースマウンテンと言われる不思議な山の運河を、海流に乗って駆け上がらなければならないのです。それには嵐の力が必要でした。グランドラインから少し外れて何十メートルもあるような巨大な海生生物・海王類の巣であるカームベルトに迷い込んでしまい、慌てて嵐の海に航路を戻します。そしてすったもんだしながらも運河を上り切り、ついにグランドラインに向かって下って行きます。

ところがグランドラインの出口に居たのは巨大なクジラでした。このクジラとすったもんだした末に、戦っていたルフィを除くゴーイングメリー号はクジラの胃の中に飲み込まれてしまったのでした。慌ててルフィがクジラに取り付くと、なぜかクジラの体内に入る扉がついています。胃の中のゴーイングメリー号の綿々の前に現れたのはクロッカスと名乗る花のような頭をした不思議な老人でした。

すったもんだの後、クロッカスはクジラの物語を語ります。このクジラ・ラブーンは西の海から海賊とともにやってきて、ここで海賊たちと仲良く過ごしたのだと。そして海賊たちがクロッカスにくじらを預けて幸手から、もう50年が経つのだと。クロッカスの話によれば、海賊たちはグランドラインを恐れて逃げ出し、生死も不明になったのだが、ラブーンは信じず、彼らの帰還を信じて陸地に鼻をぶつけ続けているのだと。

それを聞いたルフィはゴーイングメリー号のマストを引き抜き、ラブーンの鼻先に突き刺します。そして「俺は強いだろう!」と言います。「海賊たちはもう帰って来ないけど、俺はまた会いにくるから、そしたらまたケンカしよう!」というのでした。

クロッカスはグランドラインを渡るための不思議な羅針盤・ログホースを見せます。グランドラインでは島と島の間で発する磁気をたよりに、このログホースのさす方向へ行くしかないのだ、というのです。そしてその終着の島はラフテルといって、そこにたどりついたものは誰もいないのだと言います。そしてそこに「ワンピース」はあるのかもしれないと。一行はクロッカスとラブーンに別れを告げ、ラブーンの肉を狙っていたMr.9たちを送り届けるためにまずウィスキーピークに向かって出航したのでした。

ここまでで105話までです。この巻は流れるようにストーリーが進みました。グランドラインの終着点がどこなのか、そこへ行くためにはどういう手段をとればいいのか、そういう方向性が見えました。ここからさらに想像もつかない大きな世界が広がって行く予感を秘めた、グランドラインの序章だったと思います。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。