個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

弐瓶勉さんの『シドニアの騎士』第8巻37話「白羽衣つむぎの願望」を読みました!


シドニアの騎士(8) (アフタヌーンKC)シドニアの騎士(8) (アフタヌーンKC)
(2012/07/23)
弐瓶 勉

商品詳細を見る


弐瓶勉さんの『シドニアの騎士』第8巻37話「白羽衣つむぎの願望」を読みました!

今日は新しい雑誌がたくさん出ているのですが、お昼更新は『シドニア』の続きについて書こうと思います。

第37話は、独裁的な権力を握った艦長小林が司令官として大衆合船との戦いの開戦演説を行うところから始まりました。第1巻の開戦演説に比べて、小林が巨大な姿で描かれているのですが、それはそれだけ小林の権力がより絶対的になったということを意味しているのでしょうか。大衆合船に破壊された惑星セブンの前線基地と、セブンの衛星軌道に乗った大衆合船を叩き、ガウナをこの世から消滅させるため、シドニアは自らレム恒星系に向かい、第9惑星の衛星軌道に乗せ、衛星群を防御装置として大衆合船を攻撃する、と宣言します。

一方、治癒したつむぎは水槽から出てシドニアの外郭の宇宙側に新たなスペースを与えられますが、当然なのですがほかの人間と交わることは出来ません。つむぎが『シドニア百景』など居住空間の本を読んでいるのを見た谷風長道(ナガテ)はつむぎをなんとかして居住区に入れられないかと考えます。ナガテは地下で育ったので、人との交流がない寂しさを感じるつむぎに何かしてやりたいと思ったのです。しかし緑川纈にイザナと一緒に頼んだものの一蹴され、ほかの手段を考えます。

そしてシドニア内の旧管(現在は使われていない輸送管ということでしょう)をたどってつむぎの触手(ふだんナガテやイザナと話をしている触手)が居住区に入れるように工夫し、つむぎに居住区の景色を見せます。この見開きの絶景に感動したつむぎは、「人間のサイズになってたくさんの人と知り合えたらどんなにいいか…」と言います。

一方で正式の操縦士になったナガテは訓練生の寮を出なければならなかったのを忘れていて、部屋がなくなってしまいます。仕方なくイザナの家に泊めてもらおうとイザナを尋ねます。「何か食べる?」と聞いたイザナは米をざーっと入れてピッとボタンを押すとすぐパコーンとふたの開くすごい炊飯器で(1巻で出てきたナガテがご飯を炊いていた炊飯器は20世紀の炊飯器と全然変わらないのですが)ご飯を炊きます。配管のあちこちから音がするのに不審を抱く二人でしたが、いきなり畳がめくれ上がってイザナが転びかけ、それを助けようとしたナガテがイザナの胸に触ると膨らみが!というラブコメ展開も。イザナはどんどん女性化が進んでいるのでした。

バコーンと巨大な音がして、つむぎが現れます。旧管をたどってやってきたのです。つむぎの行動範囲はどんどん広がっていて、なんだかこちらもよくわからなくなって行くのですが。(笑)

一方科戸瀬ユレ博士は融合個体から、新しい素材の開発に成功します。ガウナ本体と同じ強靭さを持ち、「カビ」によっても破壊されない究極の素材。それが今後使われて行くことになるわけですね。また同時に新しく生まれた融合個体は物理的に破壊することは出来ない、ということにもなります。制御を失ったら、と心配するユレでしたが、岐神(科学者落合の支配下)はもうすぐ落合自身の究極の夢、「究極の生命への転生」が可能になると興奮しているのでした。

この辺りでは、理解しにくい「つむぎ」というキャラクターがどういう存在なのか、を一生懸命説明している感じがします。つむぎは姿はガウナとの融合個体で、人前に現れるときには蛇のような形に小さい手のような触手のついた大きな触手なのですが、人格は「普通の女の子」で、やや優等生気味と言ってもいいのですが、感じやすく傷つきやすく寂しがり屋の本当に「普通の女の子」であるわけです。ですから「普通の女の子」的な暴走もするし、感傷的になったり甘えたりもするのですね。とはいえ姿形が普通の女の子ではありませんから大変なのですが、ナガテとイザナはそれでも極力普通の女の子として扱おうとしていて、その辺りがなんだか不思議な世界を現出しています。

それに引き換え、科学者落合の野望の生臭さと、危険性を感じながらも危ういものを開発して行く技術者の業のようなものを見せる科戸瀬ユレ博士。その辺の取り合わせが不思議な魅力を現出しているなあと思います。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR