個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

弐瓶勉さんの『シドニアの騎士』9巻42話「星白閑の形象」を読みました!すばらしい回でした!


シドニアの騎士(9) (アフタヌーンKC)シドニアの騎士(9) (アフタヌーンKC)
(2012/12/21)
弐瓶 勉

商品詳細を見る


弐瓶勉さんの『シドニアの騎士』第9巻42話「星白閑の形象」を読みました!

谷風機、というより谷風長道自身と星白の持つ情報を複製した紅天蛾(ベニスズメ)との戦いも大詰めになってきました。

41話で紅天蛾の胞衣(エナ)が谷風機に侵入してきました。このエナは星白の裸身を再現しています。本体の周りのエナは胸から下は谷風機の胸部砲によって断裂させられましたが、まだ紅天蛾の胸部にある本体は生きています。イザナとともに調査隊の任に就いて谷風に救出された隊長は「早く本体を破壊しろ」と叫びますが、星白のエナに肉体を絡めとられた谷風は上手く操縦することが出来ません。その様子はシドニア司令部にも伝わっていて、衛人整備主任の佐々木は「中はすごくまずいわよ」と言っています。なんか状況が状況だけに妙にエロティックに響きます。

イザナは機体頸部の気密シャッターを閉じて頭部を分離させればエナの侵入経路は遮断出来るはずだ、と谷風にいますが、星白のエナは谷風の首を絞めて呼吸を止め、ついに機体の電源を落としてしまいます。谷風機は惑星ナインの地表に膝をついてしまいます。

星白の姿を真似するのをやめろ…ガウナ!」という谷風に、エナ星白は顔を近づけ、口の中から小さい多数の触手を出し、谷風に口づけをするのでした。

この場面が異様に美しいのです。

一体何萌えなのかもう既に良くわかりませんが、やはりガウナに複製された星白の記憶がそこに再生されているという以外に考えにくい。一方イザナは機体内部で10本指の義手から出た触手で配管内をたどって予備電源を起動させ、谷風機の頸部を遮断して頭部を分離させることで紅天蛾本体とエナとを切り離すことに成功しました。

エナ星白に星白の死の瞬間の記憶がよみがえり、「ぃや…」とつぶやきます。谷風は万感の思いを込めてレバーを引き、紅天蛾の胸にある本体に対ガウナ刀を突き刺します。紅天蛾はついに泡状分解し、ついに谷風機は紅天蛾を撃破したのでした。

谷風は融合個体・つむぎにヘイグス粒子を与え、シドニアに帰還することになります。しかし侵入したエナ星白を排出する手段がなく、谷風は裸体の星白を抱いたままの形でシドニアに帰還することになるのでした。

シドニアに帰還した谷風機は特殊洗浄にかけられ、コックピットを出た谷風とエナ星白はそこで離されて行きます。この一連の場面もすごく印象的です。

収容された星白型のエナですが、岐神(実は科学者落合に脳を乗っ取られている)は以前作った融合個体(つまりつむぎ)と同じように、もう一つ融合個体を作るために提供してほしいと佐々木に交渉します。難色を示す佐々木ですが、これは岐神の主張の方向に動きそうな感じです。

一方帰還した科戸瀬イザナは、階級が昇進することを指令補の緑川纈(ゆはた)から告げられ、それに伴って今までよりもより広い範囲の情報にアクセス出来るようになります。そして初めて、つむぎがエナ星白を母体にして生まれて来たことを知ったのです。彼らが紅天蛾と戦うことにどんな意味があったか、それを知って愕然とするイザナなのでした。

一方谷風は住まいに帰ってきます。その前に『重力麺』という自動販売機があり、興味津々。二センチくらいの厚さの折りたたみ式カップみたいなものを引っ張ってカップヌードル様にすると1秒で麺が出来ていると言う優れものです。私はこの場面がすごく好きで、シドニアにでてくるもので一番食べてみたいのがこの『重力麺』なんですね。こういうことを良く思いつくなと思います。

しかしその谷風の目の前に現れたのは星白閑でした。あまりにびっくりした谷風は麺をこぼしてしまいます。しかし実はそれはつむぎが変容したものでした。「つむぎ!二度とするな!」と怒鳴られて泣きじゃくるつむぎをイザナは一生懸命慰めます。「谷風さんは星白さんの戦死を防げなかったとずっと後悔して苦しんでいるから、星白さんの姿で谷風さんは悪くないよって言ってあげたら元気になってくれるかなって思って…谷風さん…紅天蛾と戦うのはすごく辛かったと思うんです」というつむぎに、イザナは「紅天蛾と戦うのが辛かったのはつむぎだって同じだったはずだったのに…」と思い、思わずつむぎを抱きしめます。

それを聞いていた谷風は、つむぎの心中を察して「大声を出してごめん。みんなで屋台に行かない?」と誘うのでした。

いや、あらすじを書いてみて思いましたが、この42回はシドニア12巻+2話の中でも、私が最も好きな回だと思いました。この話の中に着彩イラストの大画面で見たいと思う場面がいくつもあります。もちろんシドニア全回の中でも屈指の大スター、紅天蛾との戦いの決着がついた回ですから当然だともいえるのですが、それにしてもすばらしい回だと思いました。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR