個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

アニメ『シドニアの騎士』BD第1巻限定版を見ました!素晴らしい映像と特典群でした!


シドニアの騎士 一(初回生産限定版)(Blu-ray Disc)シドニアの騎士 一(初回生産限定版)(Blu-ray Disc)
(2014/05/28)
逢坂良太、洲崎綾 他

商品詳細を見る


アニメ『シドニアの騎士』BD第1巻限定版を見ました!素晴らしい映像でした!

アニメのBlu-lay DiscやDVDを『買う』という行為は、『進撃の巨人』から初めてするようになったのですが、今回も『シドニアの騎士』のBDを買うことにしました。『進撃の巨人』は放送25回分、合計9巻になりましたが『シドニアの騎士』は1クールということで、おそらく1巻2巻が2話分、あとは3話分の合計5巻になるのではないかと思います。あるいは全巻2話分で合計6巻かな。「まど☆マギ」がそうでしたね。

そして買うならやはり限定版。いろいろな特典がついているのが嬉しいです。今回の『シドニア』第1巻限定版には、弐瓶勉さんの完全書き下ろしの20ページの短編、『前日譚 第四次奇居子防衛戦』がついています。この内容についても語りたいことはたくさんあるのですが、とりあえずBDの概要を説明しますね。

ケースはハードカバーの書籍のような本格的な紙のケースで、継衛の機体のようにリアルにへこみがついています。赤のラインも、継衛の左肩に入ったラインを写しているのですね。封入特典は書き下ろしコミックス以外に見開きのブックレット、これには収録されている1話「初陣」と2話「星空」のあらすじと印象的な場面集、メインスタッフとメインキャストの一覧、パッケージスタッフの名前が載せられています。それからプレミアムイベントの優先販売申し込み券がついています。

内容は、もちろんテレビで放映された第1回第2回の鮮明な映像が収録されているのはもちろんですが、映像特典としてこの2話の『新アングル版』、つまり同じ場面を他のアングルで映したところをいくつか採用しながら作られた映像も収められているのです。これは完全3DCGで作られた作品ならではだと思います。

微妙なアングルの違いでオンエア版では見えなかったものが見えたりしていて、これはネットでも話題になっていましたが、そういうものだけではなく、例えば継衛に谷風が乗り込む場面で佐々木が声をかけるとき、オンエア版では谷風の目線で佐々木を見ているのですが、新アングル版では佐々木の後ろから佐々木を見ている構図になっていて、作り込まれた映像の面白さがあるなあと思いました。

新アングル版の方はオンエア版(パッケージ版)とは違うところだけを早送りで見ただけなので、一度ちゃんと通して見たいと思います。音声も通常の2チャンネルと5.1チャンネルが選択でき(これについては私は今のところ良くわかりません)、また音声特典として本編音声に重ねてコメンタリーがついた形で見ることも出来、これはニコニコ動画などで映像を見ながら文字が流れて行くのと似たような感じですが、話しているのが監督の静野さんと谷風役の逢坂さんなので、これもまたじっくり聞いてみたいなと思います。

というわけで、ものすごく盛りだくさんなのですね。『進撃の巨人』アニメを買ったときも特典の多さに驚きましたが、この『シドニアの騎士』は初の(かなり)完全(な)3DCGアニメ作品(仮に3Dで作られたものを出力してそれをもとに美術=背景を描いているものもあるとのこと)だということで、その良さを前面に生かした特典になっていると思います。CGアニメというものがどういうものか良くわかりますし、すごく興奮を感じました。

ストーリー自体は4/164/20に感想を書いていますのでそちらを読んでいただけると嬉しいのですが、今読み直してみると初めて見たときの初々しい感想が書かれていて、我ながら微笑ましいです。(笑)

この作品はもちろん弐瓶勉さんの原作がものすごく面白いということもあるのですが、アニメが本邦初?の完全3DCGで作られているということもすごくアニメ界の革命を起こすようなことだというのも、こちらの静野監督のインタビューを読んで良くわかりました。アニメというのは従来、打ち合わせと違う絵を描いてもそれにギャラが発生し、それを監督が使えないと判断したら監督自身が書き直していたりするものなのだそうです。しかし海外と仕事をすることが多いCG制作のポリゴンピクチャーズではそうはせず、リテイクをいわれたら絵コンテ担当の人がちゃんと書き直してくると言うシステムで作られていて、スケジュール的にも完全に先行した形で映像があがり、音響もきちんとしたものに対してつけることが出来る、と言う今までのアニメではなかった(!)ことが出来ているのだそうです。

なんというか、このアニメのすごさ、なかなかまだ自分の中に語り尽くせない感じがあります。

特典の20ページ書き下ろしコミックについては改めて書きたいと思います!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR