個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ『監督不行届』第9話「ウルトラマンになった男」を見ました!

アニメ『監督不行届』第9話「ウルトラマンになった男」を見ました!

アニメ監督の庵野秀明さん・マンガ家の安野モヨコさん夫妻の日常を描いたこの作品。第9話は原作第12話の「ウルトラマンになった男」でした。

今回のポイントは、庵野監督が学生時代に撮った「帰って来たウルトラマン」という映画が実際に見られることですね。メガネをかけると巨大なウルトラマン=庵野さん本人が素顔で演じている(笑)が怪獣と戦ってミニチュアの街で大暴れ、という確かに反応に困る映像ですが、これがなんだかよくできててすごいんですね。特撮愛を感じる作品でした。

そして本編では、クリスマスディナーを食べに行ったとき、カントクくんがそわそわして落ち着かないと思ったら、一人で来ていた初老の紳士が「帰って来たウルトラマン」でMATの岸田隊員を演じた役者だったことが分かり、モヨコさんに「最高のクリスマスプレゼントだよ!」と大感激した、という話です。米倉涼子や谷村新司さえ知らない監督が、ウルトラマンに出ている俳優は完全に把握している、というのがある意味さすが、という感じです。

ところでこの『監督不行届』は私はテレビ東京の深夜番組「あにむす!」を録画して見ていたのですが、YouTUbeでもやっているんですね。原作ファンの方も、庵野監督や安野さんの作品に興味のある方も、見ていただけると面白いと思います!

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。