個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

「One Piece」を74巻まで読み終え、内容を振り返ってみました。(1)


One piece (巻7) (ジャンプ・コミックス)One piece (巻7) (ジャンプ・コミックス)
(1999/03)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る


「One Piece」を74巻まで読み終え、内容を振り返ってみました。(1)

尾田栄一郎さんの「One Piece」、ついに全巻(既刊の74巻・第742話まで)読み終わりました。で、今週から連載再開した「少年ジャンプ」30号で第750話を読みましたので読んでないのはあと743話から749話までの7回分ということになります。ここに関してはどこかでバックナンバーを読むか次のコミックス75巻が出るまで待つか、という感じですが、何とか読めればなあと思います。

さてここでどこの感想を書こうか、とはたと迷います。1巻から続けて書いていた感想はリトルガーデンの途中で終わっているので、その続きを書こうかとも思いますし、とりあえず最新巻、最新話からの感想を書こうかとも思います。しかしジャンプの最新話はドレスローザ編の途中の部分が読めてないので、感想が少し書きにくくはあります。

それよりも、自分が読んで来たこの壮大な物語を自分なりにどういう風に読んで来たのか、ということをもう一度見直してみるのがいいかなと思いました。

最初はシンプルな構造に見えたこのストーリーも、最初からどのくらい意図してあったのかは良くわかりませんが、すごく複雑な世界を描いたものであることがだんだん分かってきます。ルフィたちの出身である「東の海」を航海している間はわりとシンプルですし、敵である海賊たち・海軍との戦いもそんなに長い描写もなく終わっていました。長くなり始めたのはコックを仲間にしようと海上レストラン「パラティエ」でのクリーク海賊団との戦いからでしょうか。5巻42話から8巻68話まで、27話に渡って(つまり半年以上)一つの戦いが続き、その中でナミが脱走したりゾロが目標としていた剣士・鷹の目のミホークが現れゾロがいいようにあしらわれたりもして、ストーリーが複雑になり始めています。

最初の1話はすべての始まり、ゴールド・ロジャーの死に際してのエピソードから赤髪のシャンクスとルフィの出会い、シャンクスがルフィのために片腕を失い麦わら帽子をルフィに託した話。

2話は海賊アルビダから海軍志望の少年コビーを救い出した話。

3話から7話がモーガン大佐の支配する海軍支部から海賊狩りゾロを救い出し仲間に加え、コビーが海軍には言った話。

1巻ラストの8話から3巻21話までが海賊専門の泥棒ナミが加わり海賊「道化のバギー」との戦い。

3巻22話が1話完結で森の番人ガイモンの話。ここで「この世界」の大構造、縦に走るレッドライン(大陸)と横に走るグランドラインによって世界が四つに分けられている、ということが語られています。

そして3巻23話から5巻41話までが海賊・キャプテン=クロとの戦い。ここまでの敵は基本的に陽性だったのですがこのクロは自分しか信じない暗い感じの、仲間を平気で犠牲にするタイプで、ルフィは「俺はあいつら嫌いだ」と初めて本気に吐露していました。しかしこの舞台となったシロップ村でウソップが仲間に加わり、グランドラインに入って空島まで行った海賊船・ゴーイングメリー号をもらいます。

この辺りから長大なストーリーになりそうだと言う予感はして来たのですが、本当に一つ一つの戦いが長い、という感じがして来たのはこの海賊レストランの話だったなと思います。

少しずつ読み直しながら書いていると、一度読んだときには気がつかなかったことに気づいたり、そんなに時間が経っているわけではないのにもう懐かしい感じがしたり、いろいろな感慨があります。

少しずつまとめて行きたいと思います。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR