個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

アニメ『シドニアの騎士』BD3巻を見ました!新アングル版が良かったです!


シドニアの騎士 三(初回生産限定版)[Blu-ray]シドニアの騎士 三(初回生産限定版)[Blu-ray]
(2014/07/23)
逢坂良太、洲崎綾 他

商品詳細を見る


アニメ『シドニアの騎士』BD3巻を見ました!新アングル版が良かったです!

アニメ『シドニアの騎士』のBD、3巻が出ました。3巻は第5話「漂流」と第6話「敬礼」が収められています。二つとも、谷風長道と星白閑の物語になっている部分ですね。

ガウナを撃つために必要なカビザシを回収するために出撃した岐神・星白・仄焔・谷風。思いがけずヘイグス粒子砲でガウナに襲われ、岐神と仄は搭乗する機体・衛人が動けなくなり、星白はヘイグス機関が暴走して宇宙空間に放り出されてしまいます。谷風は自ら回収したカビザシを手にガウナに立ち向かい、ヘイグス砲を放って干渉爆発でエナを剥離させ、ガウナを討伐、泡状分解させることに成功します。

その後谷風は帰艦命令を聞かず、自ら星白を探索に行きます。星白機の救命カプセルを発見し、谷風の乗る衛人・継衛に星白を収容することに成功しますが、ヘイグス粒子を使い切り、水も食糧も10日分ほどしかない中、二人は漂流することになってしまいました。

当時の人類は光合成できるようになっているため、星白は谷風が寝ている間、裸になって光合成をします。しかし谷風だけは光合成が出来ないため、食糧が尽きていくと衰弱も早くなってしまいます。

漂流11日目、ついに脱水症状を起こした谷風に、星白は自分の尿を濾過して飲ませ、谷風は意識を回復して、衛人の潤滑剤から水を濾過して得ることを思いつき、成功します。そしてそこに、シドニアの守備隊256機が掌位して二人を救出に来たのでした。

ガウナ撃破と操縦士救出にわくシドニア。一方、ガウナを避けるために行われた無理な本体の斜め加速のため、多くの死者と損害を出したため、民衆の不満は高まります。そんな中、正規操縦士に昇格したカビザシ回収班の4人。過去の軋轢を超えてともに戦おう、と掌位を組みます。

亡くなった赤井班の緑川の妹、緑川は谷風に接近し、海中浮遊層に遊びにいこう、と言います。星白と科戸瀬イザナも一緒に行くことになりますが、が無理矢理谷風と二人きりで乗ろうとして、結局谷風と星白が二人で海中浮遊層をデートすることになります。

そんな中で出た出撃指令。二人は衛人出撃基地に走り、星白は谷風に向かって敬礼するのでした。

ところが、次の場面でなぜか谷風は意識を失い、病院にいます。部屋を出ると、仄たちが泣いていて、イザナの表情が可笑しい。部屋でテレビをつけると、岐神がテレビに映っていて、流れるテロップは星白の戦死を伝えているのでした。

本放送で第6話を見た時の興奮と言うか感動と言うか、衝撃を思い出しました。

今回も新アングル版で見たのですが、本放送より大胆な構図が多かったですね。今までの第1巻、第2巻もそうでしたが、ロングにして全体を見せる構図が洗濯されていることが多かったオンエア版に比べ、新アングル版ではクローズアップになっているケースが多かったです。特に今回は宇宙遊泳中の星白の光合成の場面とか、画面に肌色の割合が多くなった感じがします。まあ騒ぐほどではないですし、本来このくらいはあった方が自然だとも思うのですが、オンエア時の制限というものはやはりあるんだろうなと思いました。

また谷風が星白を救出するために操縦席から反動をつけて飛び出していくところも、ちょうど真後ろから見せていて、尻や大腿部の動きが強調されたり、星白が自分由来の水を谷風に飲ませている場面も谷風の目線に近いところから見せていて、より臨場感が高くなるような演出になっていたと思います。この辺りはより映画的な工夫と言えるのではないかと思いました。

特典は、初のドラマCD。「司令補・勢威一郎の苦悩」と題した短編の音声ドラマです。勢威は物語のはじめでは操縦士たちの教官であり、司令補として艦長小林を補佐しているのですが、途中で司令補の地位を緑川に譲り、自らは前線で衛人操縦士として戦うようになります。その経緯を描いた?ドラマということになります。

ストーリーは…まあ聞いていただけば分かります、という感じですが、シドニアに数少ない正統派のヒーロータイプの勢威をこれだけいじってしまってはなあ。(笑)という感じではありました。基本的に中間管理職の悲喜こもごも、みたいな話なので、あんまりSFっぽくはないです。基本的に勢威役の声優・坪井さんと艦長小林役の声優・大原さんの声を楽しむための作品、と思っていただければいいのではないかなと思います。私は艦長が好きなので、ネットを見ると批判の声はけっこうあるのですが、私はそんなでもないと思いました。ドラマ自体は?と思う部分もありましたが。(笑)

時間的余裕がなくて音声特典のオーディオコメンタリーが聞けてないのですが、時間的余裕のあるときにまた感想を書いてみたいと思います。

月刊アフタヌーンの発売日も、今週の金曜日。また、シドニアに帰艦できる、という感じですね。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR