個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才谷ウメタロウさんの『ファイヤー・ガール』第20回を読みました!


ファイヤー・ガール 1 (芳文社コミックス)ファイヤー・ガール 1 (芳文社コミックス)
(2014/04/16)
才谷 ウメタロウ

商品詳細を見る


週刊漫画Timesで才谷ウメタロウさんの『ファイヤー・ガール』第20回を読みました!

主人公の岩倉ユキは、高校を卒業してレスキュー隊員になるという夢を実現させるため、消防官に任官、半年間の消防学校での訓練を終えて、消防署での実務研修にはいりました。

消防学校では自分の限界に突き当たったり、様々な経験をしたわけですが、その持ち前の明るさは失っていません。研修生として、消防学校で総代を勤めた小久保と同じ署に配属されます。初日から出動の場面に出くわし胸をワクワクさせるユキでしたが、大活躍していた女性の消防官・北条霧子がけがをしてしまいます。そして怪我により出動できない霧子は、ユキの指導係になることになりました。他の消防官たちは、「大丈夫か?」とひそひそ話をしています。かなり厳しい人なのでしょうか。

ここまでが19話まででした。

さて20話。霧子は指導係に任命されて、はあとため息をついています。年配の女性消防官・近藤(このキャラは『ガズリング!』では同級生の部員として出ていましたね)にどうしたの、と聞かれて、研修生の指導係になってしまったと言うと、近藤も「あらー!」と叫んでいます。指導係をやることの何がそんなに問題なのか、良くわからないのですが、どうも霧子が指導した新人は今まで、すぐ仕事を諦めてやめてしまっていたようです。「どうせあの子もすぐに諦めるんじゃないですか。新人なんてみんな元気なのは最初だけですよ!」と言っています。まあ、自分も最初は新人だっただろうになあ、と思ってしまいますけどね。

しかしまあ、ユキは元気です。研修二日目。ユキの初仕事は、署員たちに今夜の弁当を聞いて回ることでした。霧子にメニューを見せられていきなり「あんかけチャーハンです!」「あんたの注文なんか聞いてないわよ」と答えるボケとツッコミが好きでした。「他の所員の今夜の弁当を聞いて回るの。ちゃんと大隊長から聞くのよ」という霧子。そうなんですね。こういうところは上下関係、指揮関係が厳しそうです。

署員たちにわいわい囲まれながら弁当の注文取りをするユキ。私は新人だからこういう雑用もしないと、と思いつつ、雑用は早くすませていつでも出動できるように準備しておかなきゃ、と思っています。

しかし次に命じられたのは浴室の掃除。それから弁当以外の人の昼食の材料の買い出し。消防官というのはこういう庶務的なこともやるのでしょうか。ユキは買い物で駕篭がいっぱいになった自転車で坂道を上がりながら、こんなときに出動がかかったらどうしよう、と思います。

しかしまさに出動がかかり、坂を下っていく消防車たち。ユキは「ウソでしょ?」と思いながら自転車を押して署に戻ります。

署では霧子が、「覚悟してたけどいざ出動かかるとやっぱり歯がゆいわ。こんなときに研修指導(子守り)とは…」と言っています。近藤は「生粋の火消しやだもんねえ、霧子ちゃん」と慰めています。そこに汗だらで帰ってきたユキ。「火災現場は向かわなくていいんですか!私まだ何も教わってません!」と叫びます。「昨日今日入ったド素人が出動できるわけないでしょ」という霧子に、ユキは「じゃあ私いつ現場に行けるんです?」と真顔で尋ねます。他の署員が大笑いし、霧子が「うーっっ」という顔をする中、近藤は「えらいやる気マンマンねえ。大したタマじゃない」と霧子に話しかけています。

霧子は少し顔を改めて、「岩倉って言ったわね。あんた本気で火消しになりたいの?」と尋ねます。今までただの研修生として「あんた」としか言ってなかったのが、ようやく名前で呼んだわけですね。ユキが「はい、もちろんです。私、レスキュー目指してます!」と答えると、霧子はまるでルフィに「海賊王に、俺はなる!」と言われた海賊のように目をまん丸くして笑い出します。そして「ふーん」とやけに不敵な、怖そうな顔をして、「分かったわ岩倉。そういうことなら覚悟してもらうわよ」と答えるのでした。

「ファイヤー・ガール」はなかなか感想を書けなくていたのですが、今回のやり取りはなんというか、面白かったです。このストーリーは女性消防官・ユキの成長物語なわけですが、今までは消防学校の同期や教官と言う、いわば守られた世界、バーチャルリアルな世界での話で、でもそこで「命をかける」ことの意味を学んだり、面白く読んではいました。

しかしなんというか今回、ユキというキャラにちょうどはまる相手役、コンビになる人物、「ガズリング!」における紗羽と坂本のような関係と言うか、鬼軍曹役と言うか、まあそういうキャラである霧子が出てきて、ちょうどユキの言動を上手く受け止める感じになってきて、ユキの生き生き感がまたいい感じになってきたなあと思いました。

ファンタジーや少年ものの世界というのは、気持ちを中心に感想を書けるし滞ることが少ないので書きやすいのですが、リアルな大人の世界というのは難しいところがあります。特に消防官などと言う、身近にいるという感じがするけれども全然別の厳しい世界というのは、描くのも大変だろうなあとすごく思います。同じ公務員の専門職でも、学校ならどんな人でも経験してきているから描きやすいですが、特別な世界とそこにある独特の論理や行動基準のようなもの、そして絵的にもディテールが複雑なものを消化しながら描いていくのはすごく大変だろうなと思います。

でもこれから二人のやり取りの中ではまっていくものが見られそうで、それはとても楽しみに思いました。次回も楽しみにしたいと思います!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。