個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ『シドニアの騎士』BD5巻を見ました!エナ星白が可愛いですね!


シドニアの騎士 五(初回生産限定版) [Blu-ray]シドニアの騎士 五(初回生産限定版) [Blu-ray]
(2014/09/24)
逢坂良太、洲崎綾 他

商品詳細を見る


アニメ『シドニアの騎士』BD5巻を見ました!エナ星白が可愛いですね!

9月25日に『シドニアの騎士』BD5巻が届いたのですが、時間がなくて今まで見られていませんでした。特典のラジオCD「綾と綾音の秘密の光合成・出張版」は聞いてはいたのですが。

この「秘密の光合成」はこちらの方から聞くことが出来ます。過去ログもCD化されて出ているようですので、そちらもご紹介しておきます。わたしもときどき聞いていたのですが、特に原作者の弐瓶勉さんがゲストに来てお話をしている回が面白かったですね。

今回の出張版では大体どのようなものか、というのが分かるという内容で、いつもはゲストとの会話がありますがこの出張版にはなかったので、そのへんがちょっと残念かなと思いました。でも、星白閑/エナ星白/紅天蛾(ベニスズメ)役の洲崎綾さん、岐神海蘊(くなと・もずく)/女子アナウンサー役の佐倉綾音さんが素のトークを繰り広げているので、声優ファンの人には嬉しいのではないかなと思います。このCDでは声優の声の出し方とか滑舌を見せるために早口言葉に挑戦したりとか、(早口言葉もシドニアバージョンです)いろいろ面白いです。


ラジオCD「シドニアの騎士~綾と綾音の秘密の光合成~」Vol.1ラジオCD「シドニアの騎士~綾と綾音の秘密の光合成~」Vol.1
(2014/07/30)
洲崎綾、佐倉綾音 他

商品詳細を見る


BD本体に付いて言えば、今回もいつものBDのように、映像特典として新アングル版特別映像、音声特典としてオーディオコメンタリーが付いています。今回のコメンタリーはいつもの吉田尚記アナウンサーが司会でプロダクションデザイナーの田中直哉さん、造形監督の片塰満則さん。片塰満則はスタジオジブリで『もののけ姫』などのCGを担当された方、田中直哉さんもスタジオジブリで美術(つまり背景)を担当され、男鹿和雄さんの下で『おもひでぽろぽろ』から『借り暮らしのアリエッティ』まで参加されたあとでポリゴンピクチャーズに移られた方だそうです。

わたしも『シドニアの騎士』のスタッフを調べたときにお二人がスタジオジブリに居られたということを知って、凄く期待が高まったことを覚えています。

本というものと違ってBDなど鑑賞に時間が拘束されるものは時間がないときは繰り返し見るのが大変なのですが、今回はまず最初に「新アングル版」で見たあと、「通常版」でオーディオコメンタリーを聞きながら見直した、という形になりました。

なお、第9回の時のオンエア時の感想はこちら、第10回の感想はこちらにあります。

今回のストーリーは、前回の8話で突然現れた衛人型ガウナのうち、一体は岐神班の谷風たちが撃退し、その人型エナを回収したら星白閑そっくりなエナであったこと、またもう一体、戦闘能力が段違いに優れている衛人型ガウナがいて、「紅天蛾(ベニスズメ)」と命名されたことなどを受けて始まります。

9話は、アヴァンでは8話前半の戦闘シーンが再現され、OPのあとエナ星白のエピソードが始まります。これはオンエアの時も大評判になりましたが、、とにかくエナ星白が可愛い。ガウナの赤と人間の肌色のコントラストが絶妙です。髪にはハイライトもはいっていますし、いかに力を入れて造形されたかが良くわかります。ガウナが「何でも再現する能力」を駆使して人間を再現した、という設定で、ちょっと形而上性さえ伴うような話なのですが、何よりもこのエナ星白の可愛さが最大の説得力、という感じです。

オーディオコメンタリーでもこのエナ星白の「エロ可愛さ」については話が弾んでいました。キャラクターの造形をどうして行くか、ということに付いてもどういう風に話が進んで行くのかが良くわかって面白かったのですが、特に面白いなと思ったのは、髪にハイライトが入っているのは一部のキャラクターだけだということ。主人公谷風は入っていますが、例えばイザナはその髪の重い感じを出すためにハイライトは入っていない。艦長小林も、若い時の場面ではハイライトが入っていますが今は入らない。その中でエナ星白にはハイライトが入っていて、一緒に映ることの多い田寛ヌイには入っていない。エナ星白の重視のされ方が分かる一例だなと思いました。

この場面での新アングル版と通常版の違いとしては、外生研(エナ星白が収容されている)の天然で胸が大きな田寛ヌイが無重力中で胸を揺らしながら走って来てこけるシーンが、オンエアよりアップになり、胸の揺れを強調されているということがありました。

次に岐神邸。自分の優位を守るために谷風を陥れ、星白を死に追いやった岐神は、星白がエナで「復活」したことに精神的ダメージを受け、衛人隊に復帰できません。それを見守る海蘊の顔がアップにされていました。そう言えば海蘊のアップ、オンエアではなかったか、あってもかなり少なかったと思います。

岐神たちは、岐神邸地下にある「落合の補助脳」に「降ろしの儀」にやって来た艦長たちに気づき、それを盗み見ます。この「降ろしの儀」も謎への入り口、という意味では凄く大きいですね。アニメ一期ではこの時しか出て来ない科学者落合ですが、その後は話の展開の一つの軸になりますから。この辺りから、岐神はダークサイドに堕ちて行く、みたいなことをオーディオコメンタリーでも言っていたのですが、アニメでははっきりとそこまでは行きませんが原作ではかなり大変なことになります。田中さんも片塰さんもかなり熱心な原作読者のようで、読み込んでいる人同士の深い会話、みたいな感じになっていました。

その後、外生研でエナ星白に会うことに喜びを見いだすようになった谷風は、対ガウナに出撃するたびに華々しい武功をあげて行きます。この描写は原作のいくつかの戦いを総合して端折っているのでアニメ独自なのですが、そう言う「エナ星白依存」?の谷風を見てイザナゆはたがよくないと思い、旅行を計画することになるわけです。

第10話はこの旅行から。ゆはたの計画したこの旅行は基底部への旅で、基底付近にある湖からその近くにあるという「科学者落合の秘密研究施設」を探検しよう、という企画です。やってきた重力館と言う宿の女将が小林艦長が扮していることに素顔を知っている谷風だけが気がつく、というのも谷風いじりですね。

次にエナ星白の場面が入りますが、新アングル版ではここがアップになっていてエナ星白のきれいな肌色が楽しめるということになります。

そして探検中に閉じ込められてしまい、エレベーターで何とか脱出しようとする3人ですが、急に横に動いて転ぶところ、新アングル版ではイザナゆはたが転倒してスカートの中がチラッ、という演出になっていました。

そのあと、谷風だけが科戸瀬ユレ博士に呼ばれて人工カビの説明を受け、艦長にその運用を試験してもらう、ということを申し渡されます。それが後半の伏線になります。

後半に行くと、ゆはたと谷風が東亜重工で「超高速弾体加速装置」と新しい背部ユニットの推進装置について説明を受けている途中でガウナが襲来し、谷風はぶっつけ本番での新しい兵器の使用を願い出、艦長に許可されます。超高速弾体加速装置を持って新背部ユニット推進装置での飛行、通常版では横からの描写で構造が分かりやすくなっていますが、新アングル版では進行方向からの撮影で突き進んでくる迫力があります。また相手ガウナもアップになりますし、迫力という点では凄いですね。この戦闘中の描写はシドニア内での描写も含めてわずか二分半のうちに8つの新アングルシーンがあり、この部分だけを見比べてみても面白いかも、と思いました。

それから、エナ星白がエナでワンピースのドレスのようなものをつくる場面。原作では白いドレスでなんだかウェディングドレスを思わせたのですが、アニメでは赤いカクテルドレスのようで、まあちょっと意味合いは変わってきますがエナの肉の部分が赤にしてあるので、まあこれは仕方ないでしょうね。このシーンもエナ星白の描写が増やされています。

アニメで見ると、原作の中でかなり飛ばされている部分があって、それが少し「薄められた感」が出てしまうところがあるのですが、9話10話あたりはやはりもう少しじっくりやってほしかったな、という感がありますね。時間の関係などでやむを得ないのだろうとは思うのですけれども。

ただ、超高速団体加速装置を持ったまま新背部ユニットで現場に急行する継衛の姿とか、アニメならではの場面は満足のいくものでしたし、またイザナが正規操縦士に任命され、「僕たちの時間はゼロに近づいているんだ」と感傷的になり、足を滑らせそうになって谷風にすくわれ、「俺たちの時間はゼロじゃない」と言われるリリカルな場面も、いい雰囲気でできていました。

とにかく、田中さんも片塰さんも、この作品で背景美術で一番重要なのは「配管」だ、と言う、わたしと全く同じ意見の持ち主なので(というか原作を素直に読んだら見なそうなると思いますが)、やはり信頼できる作り手だなあ、と思いました。信頼できる作り手が制約の中で思う存分つくった作品として、やはりこのアニメ『シドニアの騎士』は、愛しい、愛らしい作品だなと改めて思うのでした。

次の第6巻は最終巻で、まだわたしは見られていない最終回のディレクターズカット版が特典として付くということで、今から楽しみです。そして第二期。ワクワクしますね!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。