個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年マガジン51号で大今良時さんの「聲の形」最終回(第62話)を読みました!


聲の形(6) (講談社コミックス)聲の形(6) (講談社コミックス)
(2014/10/17)
大今 良時

商品詳細を見る


少年マガジン51号で大今良時さんの「聲の形」最終回(第62話)を読みました!

以前書いた通り、5巻の途中で読めなくなってしまった「聲の形」なのですが、ついに最終回を迎えました。飛ばし飛ばしに、単行本をのぞいたり本誌を立ち読みしたりして大体の流れは分かっているのですが、こんな形で最終回になったというのは、何というか感慨があります。

本当はすべて読んでから感想を書きたかったのですが、まだ読めないまま。でも遠からず読んでしまうだろうと思います。すぐに感想を書けるかどうかは分かりませんが…

ちょっと筋に絡んだ感想も書きますので、ご了承を。

前回61話で一番良かったのが、植野直花の「あんたの知らないこと」3つ、でした。ストーリーに関わる部分をのぞいて言えば、植野が将也に謝るところ。

「ごめんね石田。私もあんたの机に落書きした。西宮さんにも悪口言ったり上靴汚したり。こんなになっても私…あの子のこと好きになれないし、好きになりたくないと思ってる」

植野は性格がキツくて実際付き合ったら凄く大変そうな子なんだけど、とにかく正直なところが美徳、という感じです。何巻でしたか、西宮硝子を嫌ったこと、いじめたことを後悔してない、と言い切ったところはやはり衝撃的でした。そこは何というか、もちろん悪いと思っているところはゼロではないんだけど、悪いと思っている自分がウソなんじゃないかと、信じられないんですね。そこのところの正直さみたいなところが、植野の魅力であり、危うさであるなあと思います。

実際にはそういう子は沢山いると思いますが、人物造形として描くとかなり危険なことになりかねない。そこを躊躇なく描いているところが、大今さんの人物造形の魅力だなと思います。

将也がそれに対して、俺がまだ島田たちと仲良かった時、あいつらのことなんでも知ってる気になっててさ、それが一点一番分からないやつになっちゃって…でも今では、そんなのいつでも覆せるような気がするんだ。と答えるのですが、その、「いつでも覆せる」という自信のようなものが、多分一番大事なんだろうな、と思ったのでした。

62話では、いろいろと〆と言うか、最終回にいろいろな登場人物の動向が描かれていますけれども、やはり将也と硝子の二人の場面が印象的ですね。

成人式の場面で、硝子が植野と佐原と和装で三人で座ってて、密かに二人で手話を送り合って植野に「イチャついてんじゃねーよ!」と言われてるのはいろいろな意味で衝撃がありましたが、最後に小学校の同窓会の会場に入って行くときに、硝子が将也に手を引かれて入って行くところの、硝子だけの見開きの場面が最高だったと思います。

私は成人式に出ていませんし、地元でもなかったので小学校の同窓会が成人式の日に開かれるというのはそういうこともあるんだなあという感じなのですが、確かにこのストーリーのクライマックスにふさわしい、一歩踏み出すのにふさわしい場面だなと思いました。

今回は、大今さんのインタビューも掲載されています。大今さんがこのマンガを構想したのが18歳の時で、それから7年後の今までずっとこのマンガのことを考えてきたそうです。大今さんが現在25歳であるということにまず衝撃を受けたのですが、「進撃の巨人」の諫山創さんもそうですが、ある種のマンガの黄金世代と言えるんじゃないかなと思いました。

「聲の形」の登場人物で一番好きなのは誰か、という質問に、「みんな嫌いです」というのもへえっと思いました。「私は作者で、神だから。どのキャラクターも自分の分身だと思って丁寧に書きましたが、だからこそ私の主観がどのキャラにも入ってしまうので、なんだか気持ち悪い感覚でした」というのは凄いなあと思います。そう、そうなんですよね。小学生、ないし高校生なんだからどのキャラもみな基本的に主観的に生きてる。その主観性を、一人の作者の主観性から導き出して、これだけのキャラにかき分けられるというのは本当に凄いなと思います。

描きやすいキャラ、ということであげられたのが植野、川井、佐原。植野が描きやすかったというのはよくわかります。それ以上動いてほしくない、というときに一番良く動くのが植野なんですよね。(笑)川井と佐原も、読んでて「悪い意味で積極的(もちろん私の主観です・笑)」という感じがします。硝子が一番描きにくい、というのはそうだろうなと思いましたが、だからこそ考え抜かれた硝子の姿が、印象的だったんだろうなと思いました。

美人ランキング、と聞かれて、1位は結弦、2位は植野、3位は川井、と言ってましたが、まあ硝子を入れたくない気持ちは分からないでもないですが、やはり硝子ですよね、と私は思います。

硝子の気持ちになって考え抜いた結果、硝子は死を選ぶだろうなと思い、硝子の気持ちを考えると体中が痛くてたまらなくなりました、というのも凄い話だなあと思いますが、やはりストーリーを考えるというのはそれだけの「不可避の何か」に直面しなければならないんだよなあと思います。自分が傷むことで誰かを救済する、ものを作るということはある種そういう行為なんだ、と私の尊敬する人が言っていましたが、そういういわば菩薩行的なところが、もの作りにはあるということを、この作品、このインタビューは再確認させてくれたと思います。

次回作はSFやファンタジーをやりたいということで、この人ホントにどこまで才能があるんだろう、と思いましたが、そちらもぜひ楽しみにしたいと思いました。

またすべてを読み切った後、改めて感想を書きたいと思います。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。