個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岸凉子さんの『言霊』を読みました。不思議な現象をめぐるいくつかの作品が収録された短編集でした。

言霊 (KCデラックス)/講談社
¥630
Amazon.co.jp

山岸凉子さんを私が最初に読んだのは、バレエダンサーを目指す姉妹を描いた『舞姫 テレプシコーラ』でした。この作品に強い衝撃を受け、またとても感動して、そういえば学生時代にすごくはやっていたなあという印象のあった、けど読んでいなかった『日出処の天子』を読み、また衝撃を受けました。そのあと『テレプシコーラ』続編を『ダヴィンチ』の連載で読み、またデビュー作である『アラベスク』も復刻版で読み、怪奇ものの短編集もいくつか読んでいます。


ご本人はバレエマンガかでなければ怪奇系の作品というのが多いと書いていらっしゃるのですが、昨年買った『言霊』(講談社、2013)はその両方が収録された作品集でした。


メインの表題作は「本番に弱いダンサー」がポジティブな言葉の重要性に気づき、その壁を乗り越えていくという話です。こういう要素は『テレプシコーラ』でもときどき触れられていましたが、この作品ではその一つのテーマに絞られているのでわかりやすかったです。


また壮大なシンデレラストーリー的な作品でなく、愛を獲得し国内のバレエ団への入団が図れるというくらいの、つつましやかな夢の実現(それでも相当大変だが、団員の生活はもっと大変)であるところが、よりリアルなものでした。


後半は「怪談」になりそうでならないくらいの話がいくつかエッセイ的に取り上げられています。でも山岸さんは、今では怪異話を書かなくなったのだそうです。それはなぜかと言うと、『テレプシコーラ』のあとで『ダヴィンチ』に連載されていた『ケセランパサラン』というマンガの題材になった、いまお住まいの新しい家が、怪異話を拒否しているというのです。


何というかそれ自体がある意味怪異現象であるわけですが、そういうことが起こって描けなくなったんだそうです。なんだかそういうこともあるのかなあと面白く思いました。


今後はバレエものだけに行くのか、それともまた新境地を開拓するのか、今年でデビュー45周年になる山岸さんですが、今後がまた楽しみになっています。

スポンサーサイト

*Comment

1. こんにちは! 

こんにちは!コメさせていただきます!ネットでいろいろ検索していたらたどり着きました!お互いに更新がんばりましょうね!次も楽しみにしています!
  • posted by アクセス数が倍になるブログの書き方@鈴木ゆうたろう 
  • URL 
  • 2014.02/10 04:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。