個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎二郎『宇宙家族ノベヤマ』は何度読み返してもハマる、家族と文明がテーマのSFマンガでした!

宇宙家族ノベヤマ 1 (ビッグコミックス)/小学館
¥530
Amazon.co.jp


岡崎二郎さんの『宇宙家族ノベヤマ』。『ビッグコミック』で2005年から2008年にかけて連載された作品です。単行本は全2巻で、2009年に描き下ろし部分を加えて完結しました。


この作品は、掲載が始まった頃はあまり面白いと思っていなかったのですが、連載を追って読んでいるうちにどんどん引き込まれて行きました。


エリートサラリーマンのノベヤマの家庭は崩壊寸前でした。特に娘の美里は反抗期で、父親とまともに口もききません。そんな状態のノベヤマ家は、ある日突然、息子が「メッセンジャー」という宇宙人と交流する能力を持っている存在であることを告げられ、政府の力で宇宙に送り出されることになったのです。ノベヤマはいろいろ考えた結果、家族の絆を取り戻すためにも、家族で宇宙に出発することを決めます。


このマンガは本当に飛び飛びにしか掲載されなかったので、足掛け4年連載されたのですが全16話しかありません。このマンガではとても深い問いが投げかけられているのですが、連載時は一つ一つの問いについて考えはするものの、問いの全体像が見えなくて、なんだか奇妙に浮いた感じがありました。


しかし、単行本が出て読み直してから、このマンガの重厚さに改めて圧倒されたました。このマンガがとても興味深い、深い内容のマンガだと言うことは、単行本になってから気付いたのです。


いろいろな、奇想天外な外見をした宇宙人たちが出てきて、人間とは何か、文明とは何かという問いが発せられ、それについて話し合うという設定がとても好きになりました。その「問い」は「ありがち」かもしれませんが、その答えは必ずしもありがちではありません。哲学的な問いに科学の言葉を使って答えようとするのは最近の傾向ですが、SFというジャンルではもっと以前から行われていたことなのですね。哲学では純粋に人文的な思惟によってその問題を解決しようとしますから、そこに私が最初は「ずらし」を感じたのだな、と思いました。


水木しげるさんが、自分のマンガの中にいろいろな妖怪を出して、妖怪という存在への親近感を表明しておられますが、それの延長線上のような感じもします。水木さんの妖怪も確かに親近感はあるのですが、私にとっては宇宙人のほうが説得力があるというか、読みたい感じがするなと思いました。


「惑星ルゴウフ」の「ラフクフラクフラ」とか、「惑星クリーガ」の「クササキリサ」とか、キーになる存在はがあって、「文明」とは何か、「平和」とは、「異文化理解」とは、という問いかけが宇宙人によって為されるという設定はよく考えているなあと思いました。単行本になってからは何度も読み返しています。


私にとって、これだけちゃんとした「ものを考える」系のSFは正直初めてでした。ストーリー設定、テーマ設定、どちらもとてもしっかりしていて読み応えがあるだけでなく、実際に現在の人類が抱えている問題に、深くコミットしていると思います。


「理解しあう」ということがどういうことなのか、ということについて考えさせられます。異星人との会話も、哲学と科学が入り混じったような会話で、子どものころ面白いと思っていたSFというのはまさにこういうものだったなと思いました。


「あなたたちは期待されている」


人類の代表であるノベヤマさんたちに、それぞれの宇宙人がそう告げます。新しく宇宙に進出した後輩種族である人類が、宇宙秩序が抱えている問題を解決してくれるのではないかと期待されているのです。


何度か読みなおしたときに気がついたのですが、メッセンジャー種族と期待されているのは地球人とのハイブリッドのセグロン人と、もうひとつはこの地球の海に棲むイルカだったのです。ラストシーンの意味が今までずっとわかってなかったのですが、もし地球人が期待通りの働きが出来なかったら、この地球の主がイルカに取って代わられる、ということなのかもしれません。もしそうだとすると手塚治虫の『鳥人大系』に似た話につながり得るわけですが。


なかなか難しいかもしれませんが、こういう作品が映画化されると、十分ハリウッド製の宇宙映画に対抗できるような、世界的な作品になると思います。今回読みなおして、改めてそんなことを思いました。

スポンサーサイト

*Comment

1. 初めまして、 

kous377さんへ。
『岡崎二郎 宇宙家族』で検索し、こちらのブログ記事を拝読しました。
私も、岡崎二郎作品が好きで、(大げさかもしれませんが)『宇宙家族ノベヤマ』の中に、人類が進むべき方向、示唆が含まれている様に感じていました。

この作品を読むと、手塚治虫『火の鳥』を連想します。
岡崎二郎が、手塚治虫の影響を強く受けていただろう事は、容易に想像できますが、世間ではあまり知られてはいないのが残念でした。
(アフターNeoで、鉄腕アトムを書いていましたね)
長文失礼しました。
lenny-tohno
  • posted by lenny-tohno 
  • URL 
  • 2014.02/18 23:42分 
  • [Edit]

2. コメントありがとうございます 

>lenny-tohnoさん
『火の鳥』ですか、なるほど。
私は『鳥人体系』を連想したんですよね。これはもともと『SFマガジン』で連載されていた作品で、凄く好きでした。
岡崎二郎さんは手塚さんの、正統的なSFマンガの継承者という感じですよね。
『アフター0 NEO』という作品、知りませんでした。amazonで注文しましたので、また読んでみます。大雪なのでいつ届くか分かりませんが^^;;
コメントありがとうございました!
  • posted by kous377 
  • URL 
  • 2014.02/19 14:15分 
  • [Edit]

3. はじめまして♪ 

記事読ませていただきました!ブログ更新、私も頑張ります(^3^*)/記事更新楽しみにしております♫失礼しますm(__)m
  • posted by ゆう@スマホ得々情報局長☆ 
  • URL 
  • 2014.02/25 08:55分 
  • [Edit]

無題 

初めまして。
岡崎二郎の作品は、非常によく出来ていると思います。
国立博物館物語も秀逸です。
是非、読んでください。
宇宙家族ノベヤマは、多分、宇宙家族ロビンソンをもじっているのかもしれません。
宇宙に赴く家族という設定はそっくりです。
私の世代は、このTVを見て育ったので、多分年の近い岡崎二郎も
同じ思い出作ったかもしれません。
あと名前のノベヤマは、国立天文台がある野辺山の地名から取ったのかな?
作品は、現在の人類への問題点と共通していると思いますね。
緑の黙示録もいい出来です。
読んでみてくださいね。


Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。