個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

第88回コミックマーケット(コミケ)三日目に行ってきました!

第88回コミックマーケット(コミケ)三日目に行ってきました!

アマチュア漫画界(?)最大のイベントと言えばコミケ。お盆期間に開かれるのは「夏コミ」と言われていますね。二次創作からオリジナル、エッチ系からかわいい系、アクセサリやCD、DVD、ゲームなどさまざまな物販販売もあり、コスプレでも一大イベントですね。1975年に第一回が開かれ、1996年から現在の東京ビッグサイトで開かれるようになって、今年は20年目ということになります。入場者数は、奇しくも私が訪れた8月16日が過去最高の21万人、3日間のトータルで55万人の動員となりました。確かに今日は身動きが取れないような混雑でしたし、過去最高と言われたらそうかあ、という感じでした。

私は実は昨日は終戦記念日の靖国神社に参拝していましたので、お盆期間のビッグイベントの連チャンと言うことになったのですが、どちらも充実したものになりました。

私はビッグサイトから割合近いところに住んでいるので(という割には今回が初参加なのですが)、錦糸町駅発の都バス急05系統「日本未来科学館行き」に乗り、「東京ビッグサイト東棟前」で降りました。途中新木場駅まではバスがぎゅうぎゅう詰めでしたが、新木場からは少し楽になり、12時頃到着しました。

開館は10時からなのですが、最初は入場待ちがありますので、サイトの情報を便りに待たずに入れる12時頃に着くように出たのですが、これはよかったと思います。

しかしそれにしても半端ない人数、半端ない広さ、半端ないブース数でしたね。(笑)各展示スペースの中はほぼ想像どおりと言えばそうだったのですが、そこに入るまでの移動距離が長く、また順路を確保するために誘導がしっかりなされていて、私のようなふだんブラウン運動をするものにとってはちょっと疲れました。(笑)

初めてということもあり、パンフレットや案内板などもほとんど見ないで行ったのですが、まず企業ブースへ、と思って動きました。でもそういう構造になってなく、西棟1階の同人スペースを抜けて外に出たあとで4階まで上るとそこが企業ブース、ということになっていて、回り順をちゃんと考えておかないといけなかったなと思いました。

私は結局西棟1階のスペースを回ったあと4階の企業ブースに上り、降りてきて東棟まで延々通路を歩いて、東棟でかなり時間を費やしたあと、外に出て西棟にまた戻り、その辺で疲れて外に出て休んでからゆりかもめへ、という順番になりました。お目当てがどこにいるかにもよりますが、西棟から東棟へ、また東灯から西棟に移動するのは「凄く大変!」なので、それぞれの棟のお目当ては最初から場所をチェックした上で全部回り切ってから違う棟に移動しないととんでもなく大変になる、ということはよくわかりましたので、次回参加する予定の人は参考にしていただければと思います。

私は西棟、東棟と見たあとでツイッターでフォローしている方の出店場所を調べたら西棟の方が多く、「しまった!」と思いました。(笑)でまあ、結局回りきれなくて残念なことをしてしまいました。

今回は、同人作家さんのGL本を1点、プロの作家さんの本を4点、それにTシャツを1枚、というのが戦利品でした。個人・サークルのブースは1日ごとに変わりますからなかなか狙って行くのは忙しい人には難しいのですが、今回は特に目当てなしに、行ったところで面白いものがあったら買おうと言うわりと行き当たりばったりの計画で(というか無計画で)行きました。(あとでは、ツイッターでフォローしている方の場所くらいはメモしてくくらいの感じがあった方がよかったなあと思ったのですけどね。)相場は、コピー本は100円から、表紙がカラーで中身がモノクロの本が400円くらい、プロの作家さんのものが1000円、という感じでした。Tシャツは3500円でした。

一番読み応えがあったのがみなもと太郎さんの「風雲児伝説2」でしたがまあ、みなもとさんは作家としての年期が全然違いますから(私も「風雲児たち」全30巻、「風雲児たち 幕末編」今のところ25巻の全巻持ってます)当然ですよね。あとは粟岳高弘さん、ZERRY藤尾(山田穣)さん、智弘カイさん、北尾タキさんの作品を買い、MARS16のlessさんのTシャツを買いました。

何というか、私が購入した作品の中身は、じぶんにとっては世界が広がる、という感じのものでしたが、何というかブースの雰囲気が一番プロっぽい感じがしたのがエロ系のサークルが集まっている東棟のまんなかあたりで、「エロとは職人芸なんだ」ということを改めて感じた次第です。逆に、もともとの発祥であるはずの大学のマンガサークルが集まった一角は何となく空気が淀んでいる感があったのはなぜなんでしょうか。やはりこういうのは社会人になってからの方が「本気」になるのかな、という感じがしました。

最初に企業ブースに行こうと思ったのは、自分が普段読んでる作品が何か出品されてるのかなと思ったからなのですが、基本的にその会社が「いま押しているもの」が取り上げられているという感じで、私が読みたいなあと思っているものは見つかりませんでした。

今回はオリジナルの方を主に見て回ったのですが、同人本と言えば二次創作も大きいわけですし、今回以後はTPPの結果次第で二次創作の行方も気になるところですし、事前にカタログなどでもっと出品をチェックしてから回るブースを絞っておいて、それにプラスαで偶然の出会いを狙う、みたいな感じにするべきだなと思いました。「シドニアの騎士」の二次創作とか、今年は多分それなりに数があったような気がしますし、その辺はもう少し調べておけばよかったなあと思いました。

まあでも、このイベントは多分、参加するところに意義がある、みたいなところがけっこうあるなあと思いました。

2時頃会場を出て、ゆりかもめに乗り(この時間はそんなに混んでいませんでした)、新橋に出て、ガード下でラーメンを食べて、銀座まで歩いてお茶をしてから帰宅して4時前。遠いところから来る方には申し訳ないようですが、楽しかったです。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR