個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

アニメ『シドニアの騎士』BD6巻を見ました!ディレクターズ・カット版が充実していました!

アニメ『シドニアの騎士 第九惑星戦役』BD6巻を見ました!ディレクターズ・カット版が充実していました!

シドニアの騎士 第九惑星戦役 六 (初回生産限定版) [Blu-ray]
瀬下寛之監督作品
キングレコード


いつもの日程なら9月末に出るはずの『シドニアの騎士 第九惑星戦役』BD6巻、昨日届きまして、早速見てみました。

いつものBDだと「新アングル特別版」が映像特典としてついているわけですが、今回は2期の最終巻ということで、1期の最終巻と同じく最終話のラスボス戦(どちらも紅天蛾が絡んでいるわけですが)および帰還後のエピソードをじっくりと描いた(10分くらい長くなっているように思います)ディレクターズ・カット版が映像特典になっています。

12話の前半が紅天蛾との戦い、ここはじっくりと描かれていましたが、新たな場面は意識しませんでした。紅天蛾を撃破したあとの惑星ナインでの対ガウナ戦が、最初は隼風がサマリ・弦打たちしか来なくて、結構苦戦するのですが、ゆはたが艦長にガウナ殲滅戦を具申し、勢威たちも投入されて隼風たちの合体攻撃に移行するという展開になっていて、このあたりはよりスムーズに、隼風の合体がより印象に残るものになっていたように思います。

帰還後は勲章の授与やその前後のエピソードはそう変わりませんが、ナガテが岐神に紅天蛾のエナ星白について尋ねたときの、後ろに映っていたイザナの表情が印象的でした。これはオンエアでもし見ていたら必ず印象に残ったと思うのですが、記憶がないので新しいカットかも知れません。

嬉しかったのは、谷風が家に帰ってきたとき、つむぎが星白に化けてナガテに怒られた場面が入っていたこと。これはオンエア版で省かれていて、残念に思っていたので、ここはとても嬉しく思いました。

それからナガテの「帰省」の場面も、いきなり米工場へ行くのではなくて交番や病院など1期1話で登場した場所を逆にさかのぼって昔を思い出す展開になっていて、より最終回感が出ているように思いました。

アニメは全体として、やはりナガテと星白のラブストーリーという軸がよりはっきりしているように感じました。

それにしても先月アフタヌーンでの『シドニアの騎士』の連載が終わって以来、やはり寂しさを感じていたのですが、こういうものが出ると少しは元気が出ると言うもの。また3期の放映につながってくれるといいなと思います。

おそらくは劇場版も出ると思いますが、ディレクターズカット版からもかなり採用される場面があるだろうなと思います。

これからも色々な展開があることを期待したいと思います。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR