個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ぼくらのへんたい』第5巻。(6)裕太=まりかのパロウについて理解したこと

ぼくらのへんたい 5 (リュウコミックス)/徳間書店

¥651
Amazon.co.jp



(5)で終わりにしようと思っていたのですが、見落としがあったので少し書き加えます。

まりか=裕太が、パロウに持っていたのは純粋な恋愛感情だったのですが、パロウに幼時の出来事を告白されて、パロウが自分に対して持っていた感情、というか自分に手を出そうとした動機を理解します。

パロウは、恋愛感情よりももっと深い、どうしようもない、ドロドロした欲望と罪悪感の複合体のようなものに苦しんでいる。それを理解もしないで、単なる恋愛感情をもてあそばれただけで、「女の子のように」自分の感情だけで行動するなんて、チャンチャラおかしい、ふざけるな、と思っていたわけです。

自分はもっと深いところで苦しんでいる。だから、そう言う身体的な欲望の、もっと深いところでつながり合える相手でないとだめなんだ、とパロウは言いたかったのだと。

パロウはそれをユイに求めますが、ユイはそれには自分は答えられない、と断ります。

裕太は一度パロウのもとを泣きながら去ってしまいますが、そこでユイの「彼女」である「はっち」に話しかけられ、自分と同じように、というか自分以上に感情だけで行動している「女の子」の自分勝手さに、パロウが自分にしたような傷つけかたをしてしまいます。

裕太が、その話をできる相手は「ともち」だけでした。ともちは、それを聞いて、「あまりその人と関わってほしくないなあ」と言います。でも超割り切りの早いともちなので、でも好きなら仕方ないね、となるわけです。

まりかは、自分が思ってた恋愛感情とは違ったけれども、でもそのものすごく心の底で傷ついているパロウのことを考えると、やっぱり好きだし、放っておけない、と思います。

まりかは、このあとどういう行動に出るのでしょうか。

今日19日は、第5巻の続きの物語が掲載される『コミックリュウ』の発売日です。また、彼らの話が読めるというのは、嬉しいことであるとともに、心配なことでもあるのです。

目が離せない話の展開ですね…
スポンサーサイト

*Comment

1. 動画ブログを運営してまして 

コメントさせてもらいますね。記事を検索からみつけてきました。またお邪魔しますのでよろしくお願いします。
  • posted by 100万人が「え?これだけ!」と言う動画:動画アッパー 
  • URL 
  • 2014.02/20 09:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。