個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『進撃の巨人』BD8巻は鬼気迫るミカサが大好きでしたが、イラストブックもとてもよかったです。

進撃の巨人 8 (初回特典:フルカラーイラスト集(48P)) [Blu-ray]/ポニーキャニオン

¥7,875
Amazon.co.jp

私は今長野県にいるのですが、大雪の影響で山梨県内が交通がストップしていたため、まだ物流に影響が出ていて、いろいろなものが届くのが遅くなっています。

でもありがたいことに、昨日家に帰ると、『進撃の巨人』のBD8巻が届いていました!1時までかかって、本編とちみキャラ劇場を見ました!やはり凄くよかったです。

本編は20話から22話。女型の巨人戦の後半で、女型の巨人をとらえたと思ったら脱出され、リヴァイ班が殲滅され、エレンが連れ去られようとしたときに、リヴァイとミカサのタッグで取り戻し、辛くもカラネス区に帰還するまでの話です。

22話についてはかなり賛否両論がありました。帰還中に遺体を放り出して巨人から逃れる描写についてはやり過ぎだということですね。あれは確かに、日本人にとっては生理的に受け付けない部分があると思います。そこが監督としてはトライだったのだと思いますが、ちょっとどっちがよかったのかは私もよくわかりません。

もちろん、全体としてみたらとても完成度が高かったです。リヴァイ班がばたばたやられて行くところとか、見たのが何度目だか分からないのに涙ぐんでしまったところが多かったです。

私が一番好きなのは、もう本当に何度も見ましたが、エレンを口にくわえて逃げ去ろうとする女型の巨人に、ミカサが「エレンを・・・・・・返せえええええええ!!!!」と言って斬り掛かっていく、あの鬼気迫る場面です。ミカサの本質が一番よく現れていると思うし、エレンを守るということだけは絶対ぶれないあの姿勢。本当に感動します。やっぱり私は、ミカサ関連の場面が好きだなあと思います。

ちみキャラ劇場では二つ目のミカサがエレンと二人きりになれるおまじないをかける話と、三つ目のハンジとモブリットが超大型巨人にちょっかいを出す話が面白かったです。

特典はイラストブック。雑誌の表紙やコラボ広告などで発表された『進撃の巨人』アニメのイラストを集めたもので、サイズはBDケースでしたが、46ページの豪華版でした!見たことのないイラストもかなりありました。

私が気に入ったのは、10ページのサシャがミーナに髪をとかしてもらっているのをベッドに片肘つい手寝転がるユミルが見ているという構図。このサシャがやたら可愛くて、まとめサイトでも評判になっていました。

ローソンやピザハットとのコラボのイラストもありましたが、あと私がいいと思ったのは「リスアニ!」の表紙になったものです。この「リスアニ!」は私も買ったが、元イラストは表紙よりもっといいなと思った。エレンとミカサが背中合わせに立っているだけのものなのですけどね。

リスアニ! Vol.14 付録DVD付き(みみめめMIMI 完全新作!!「君のいる町」公式イメ.../エムオン・エンタテインメント

¥1,260
Amazon.co.jp

ラストは立体機動装置の描写の進展が詳細に13ページにわたって描かれていて、メカマニアのアニメーターたちのがんばりがこのアニメを支えたのだなと改めて思いました!

特典のブックレットについては、改めて書きたいと思います!
スポンサーサイト

*Comment

1. どうも☆ 

記事読ませてもらいました(*^▽^*)ブログ巡りや記事読むのが好きなのでまたチェックさせてください♪では、またお邪魔しますヾ(。・v・。)
  • posted by たら© 
  • URL 
  • 2014.02/22 06:57分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。