個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

今回の『Giant Killing』は、チームとしてのETUの成長を感じさせる回でした!

GIANT KILLING(30) (モーニングKC)/講談社

¥590
Amazon.co.jp


モーニング連載中の『Gaint Killing』。連載321回です。まだシーズン後半ですが。(笑)

対名古屋2回戦、圧倒的に不利な状況の中、王子と椿が話し合い、トライして行きます。王子が珍しく、ドリブルで敵陣を突破、シュートを放ちます。しかし敵キーパーにはじかれ、万事休す…かと思いきや、そこに詰めていた夏木が2点目をヘッドでたたき込みます。

退場者を出して一人少ない、この不利な状況の中で、ETUは2点差を追いつきました。これは「チームが変わった」ことの何よりの証だと言えるでしょう。

しかしまだ残り時間は10分。油断はできません。

今日の話の白眉は、チキンだった椿が王子に意見をし、その意見を王子も受け入れた、というところだったでしょう。「バッキー君をぼくの飼い犬から世話係へと昇進させてあげよう」というわけです。そうしたら椿はいきなり、「じゃあ早速、走ってください王子!」ということになって、椿のパスを受けた王子がドリブル突破する、ということになったわけです。ジーノ(王子)は(世話係にしただけなのにいきなり酷い扱いだな)と愚痴りますが、でも見事なシュートを見せます。でもはじかれ、そのゴールを最終的に決めたのはいつもジーノのプレッシャーに負けていた夏木でした。

ここでチームが、一段階ステップアップした感がありました!

最近のストーリーは作者も苦しんでいる感じがありましたが、チームが見事にかみ合ってくる、その状態が凄く良く現れていると思います。

来週の展開も楽しみです!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR