個人的な感想です。

マンガ・アニメの感想を書いていきます。『進撃の巨人』『ぼくらのへんたい』『ランドリオール』など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『図書館の主』第66話はルナールの『にんじん』。登場人物の複雑な心境を受け入れられるかどうか。

図書館の主 7 (芳文社コミックス)/芳文社
¥620
Amazon.co.jp


2月28日に出た『週刊漫画Times』掲載の、篠原ウミハル『図書館の主』第66話「ひねくれ者」で取り上げられていたのはルナールの『にんじん』でした。


このマンガは、とある私営の児童図書館を舞台に、子どもたちや司書たちの人間模様を描きながら、児童書と関連付けて、児童書が子どもたちだけでなく、多くの人々の人生の参考になるということを描いています。


前回と今回、取り上げられていたのは、ルナールの名作『にんじん』。読んだことのある方はご存知だと思いますが、一言で言えないような内容のお話ですね。


よく知られているのは、主人公のにんじんが、お母さんに冷たく扱われたり叱られたりするところ。私も子どものころ、たしか学習雑誌で読んで、この話のどこが面白いんだろうと思っていました。


この回の中心になる少年は、大人びた、素直でない少年。それが主人公である司書の御子柴にこの本を薦められて読んで、楽しくはないけど、分かる気がする、自分もにんじんみたいな気がする、と言います。

しかし少年の兄が、この本を読んで激怒し、図書館に抗議に行くのです。なぜこんな本を弟に薦めたのか、と。


それに対して御子柴は、確かにこの本は楽しいだけの本ではない。「文章自体は読みやすいが、登場人物の心境は複雑極まりない。」と言います。でも、「その複雑さをこいつなら自分なりに受け入れられるんじゃないか」。そう思ったからこそこの本を渡したのだと。


本との相性、ということはありますね。誰が読んでもそれなりに面白い本もありますが、ある人たちには凄く面白いのに、ある人たちにとってはどこが?と思うような本。


そういう本は、すべての人に愛読されて行く、というわけにはいきません。でも、すべての人に読まれる必要もないし、またそれが好きでない、読めないからと言って全然変ではない、という本があることもまた確かなことです。


「母親がにんじんに冷たく当たるのは、自分に似た人間に嫌悪感を持っているからか。それともいするがゆえに厳しく躾けて自分のようにならないよう育てているのか。たとえばそれが同時に存在するとしてどちらも嘘じゃないんじゃないか。もしその気持ちが場面によって入れ替わったとしてもどちらが正解か本人にもわからないだろう。」


『にんじん』は、人生はこうあるべきだ、人間はこうあるべきだという信念を持っている人にはあわない本である気がします。でも、あるがままの人生をそういうこともあるよね、と受け入れられる人にとっては、ああ、そういうもんだよなあ、と共感を覚えるところがあるのではないかと思います。


私も子どもの頃以来、『にんじん』は読んでいませんが、子どもの頃から『ルナール詞華集』は好きで、中一のとき教科書に出てきてから、よく読んでいました。この本にも、人生を見つめた言葉がたくさん書かれていて、それは私は好きでした。


今読むとまた、『にんじん』も違う印象を受けるのかなと思います。『草子ブックガイド』など、読書本はいろいろありますが、こういう本を読んで自分の読書遍歴を振り返り、また違う読み方ができるのではないかと思ってみることも、人生を豊かにして行くことかもしれないなと思いました。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kous377

Author:kous377
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。